ホーム

記事一覧

RSS

東芝、海外原発事業から撤退へ WHを連結から外す方針


 東芝の綱川智社長は14日の記者会見で、巨額損失を出した米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の株式を売却して2017年度中をめどに連結対象から外し、海外の原発事業から撤退する方針を表明した。同日を期限に先月先送りしていた昨年4~12月期決算発表の再延期も発表し、「多大なるご迷惑ご心配をかけ改めて深くおわびする」と陳謝した。

 海外原発事業からの撤退は、将来の損失リスクを抜本的に遮断する狙い。WHの米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請も、綱川社長は「いろいろ選択肢はある」と否定しなかった。

 東芝は、先月の発表延期につながったWHの経営幹部による部下への「不適切な圧力」の問題について、これまでの調査で、圧力があったと認定。再延期の理由を、昨年10~12月期だけでなく、巨額損失計上のきっかけとなった原発建設工事会社の買収をWHが決めた15年秋ごろまでさかのぼって調査する必要が生じたため、と説明した。次の期限は来月11日となる。

<以下省略>

※引用元:

東芝、海外原発事業から撤退へ WHを連結から外す方針:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3G5WBSK3GULFA02Z.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 最初からそうすれば家電部門も身売りしないくて済んだのに…。取り敢えず日本の経営陣がどうしようもなく経営能力が無いことだけは判った。自分達の利益と身の安寧だけを優先する輩だ、と。
  • やはり世界的に見て原発産業は割に合わない。原発は儲かるという幻想は官民ともに捨てた方が良い。しかもいったん苛烈事故になれば収拾がつかない。
  • そして何もなくなった(尤も、米の原発会社とその悪魔のビジネスからは手を切れたが)。自業自得、読みの致命的な甘さとは言え、倒産より惨めな感じ。
  • すべてが後手に回った経営陣。東芝ってブランド・名前も、いよいよ大詰めかな。業界再編は俺が業界引退迄は、勘弁してよ。
  • 社長の言う「ご迷惑をおかけし」て謝罪している相手は、政府なんだろうな、明らかに。原発推進へのイメージダウンで。 国民の利害から離れたところにある経済活動。
  • 福島第一原発事故からたった6年しか経ってないのに、海外に原発を売る活路を求め、WHを買って手放して企業本体は破綻しそうって、素人目にも愚か過ぎるよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: