ホーム

記事一覧

RSS

「働き方改革」春闘主要テーマに 経営側、前向き回答も


 失速ぶりが鮮明になった4年目の「官製春闘」。政権の要請を推進力とする賃上げに息切れ感が漂い、賃上げで消費を刺激して「経済の好循環」につなげるシナリオは揺らいでいる。一方、今春闘では、労使で「働き方改革」を模索する動きが目立った。

 安倍晋三首相を議長とする政府の「働き方改革実現会議」が昨年9月に発足。広告大手・電通の新入社員の過労自殺事件を受けて長時間労働の是正に対する社会的関心も高まり、「働き方改革」への労使の関心は一気に高まった。今春闘の協議では、賃上げと並ぶ主要テーマに急浮上した。

 「多くの組合で長時間労働を是正する制度の導入が進んでいる」。電機連合の野中孝泰委員長はこの日の記者会見で話した。電機連合と経営側は今月、労使が協力して職場環境を見直し、働き方改革の実現に取り組むとする共同宣言をまとめた。

<以下省略>

※引用元:

「働き方改革」春闘主要テーマに 経営側、前向き回答も:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3J0PFMK3HULFA02G.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 経営側、前向き回答も:朝日新聞デジタル:派遣会社役員の竹中氏、古参自民党議員や政治献金企業の利益を優先では、日本は世界から取り残される。先進国を自任するなら、今後は世界標準に合わせ労働者保護の立場で世界標準に合わせた労働法制に改革すべき。
  • 仕事柄、流行語大賞並みに「働き方改革」を意識するけど、従業員満足と生産性向上を共に達成するのが本当の働き方改革だから課題山積やわ^^;。
  • 経営側、前向き回答も:朝日新聞デジタル●日本は中小企業が雇用のほとんどをしめている。大企業からコストの締め付け圧力がかかれば、中小企業の働き方改革は置いてけぼりになりかねない。
  • その方向で議論すると、どうしても賃金は抑制される方向に行っちゃうけど、昨今の流れからまぁしょうがないのかな、と半ば諦めモードで見ています。
  • 賃金上げるよりも正社員を増やして、労働時間減らした方がお金使う暇できて経済回るんじゃね?






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: