ホーム

記事一覧

RSS

原発避難訴訟、国に賠償命じる判決 「予見可能だった」


 東京電力福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。原道子裁判長は、東電と国のいずれについても責任を認め、62人に対し計3855万円を支払うよう命じた。判決は津波の到来について、東電は「実際に予見していた」と判断。非常用ディーゼル発電機の高台設置などをしていれば「事故は発生しなかった」と指摘した。国についても「予見可能だった」とし、規制権限を行使して東電にこれらの措置を講じさせていれば「事故を防ぐことは可能であった」とした。原告の主張をほぼ認める判決となった。

 同様の訴訟は全国で約30件あり、約1万2千人が参加しているが、集団訴訟としては初めての判決。福島原発事故をめぐって、国の違法性についての初めての司法判断でもあり、国や東電の過失を認めるかが大きな争点だった。

<以下省略>

※引用元:

原発避難訴訟、国に賠償命じる判決 「予見可能だった」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3H7TP1K3HUHNB013.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 金額的にはほとんど敗訴なのにそれを「勝訴!」とか威張っている弁護士の面の皮の物すごい厚さには吐きそうになる。自分さえ良ければクライアントも敵もどうでもいい、それが弁護士。
  • 貞観地震を始め、数百年単位でこの規模の災害が起きていると00年代に判明していた。 歪んだ安全論の強弁で大災害を許した関係者を処刑せよ。
  • あのみぞうゆうの災害を予見しろってか… フクイチは石棺。悪影響のある地域は放置区域にして、そこには賠償(財産分のみ)。その他の地域の自称避難者は放置で。
  • 後手な意見言うのもあれやけど、数十億もかけて建設して発電機ナンボかかるねん!完全にリスクマネジメント出来てないだけや!驕りの職員の仕業で!国民の事考えろ!
  • 法廷の論理って変だね。 これだと、地震の発生確率を割り出した地域の沿岸全てに20メートル級の堤防を築いておかねばならないし、家屋も耐震化100%でなければならなくなる。
  • 福島の原発事故の本当の原因はおそらく地震だ。 たとえ津波が来なくても、地震による原発の損傷だけで、あの事故は起きていただろう。 日本の原発は全て停止して核燃料を抜いておくべき。
  • 【実際の津波は想定をはるかに超える規模で、事故は防げなかったと反論していた。】 怖いのはこの東電の反論 今後も想定を超える災害が起こりメルトダウンを起こすが原発を稼働させろと言っている もうこの企業はテロリスト認定してよい


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: