ホーム

記事一覧

RSS

ヤマト、来月から環境改善 アマゾンなど大口顧客との交渉鍵 現場には疑問の声も


 宅配便最大手のヤマト運輸は17日、今春闘の労使交渉で合意したサービス見直しなどによる労働環境の改善策として、宅配便の時間帯指定サービスの一部廃止などを公表した。4月から順次実施する。ただ、人手不足と荷物量の急増で悪化する労働環境の改善が今回の見直しで進むかは、インターネット通信販売大手のアマゾンをはじめとする大口顧客との交渉結果次第とみられ、現場には効果を疑問視する意見もある。

 「より効率的、より高品質なサービスを提供できる新しい働き方の創造を目指した」。ヤマトが労使交渉妥結後に発表したコメントには疲弊する現場に対する危機感がにじんだ。

 ヤマトが改善策の柱と位置づけたのが、時間帯指定と再配達の見直しだ。6月中に「正午~午後2時」の時間枠を廃止するほか「午後8~9時」は「午後7~9時」に拡大する。電話で午後8時までだった再配達の受け付けは、4月24日から午後7時までとする。同社は「ドライバーの休憩時間が確保でき、夜間の配送時間に余裕が生じる」と強調する。

<以下省略>

※引用元:

ヤマト、来月から環境改善 アマゾンなど大口顧客との交渉鍵 現場からは疑問の声も

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170318/bsd1703180605008-n1.htm


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • ヤマトの正社員はまだまし。ヤマトの嫌がった仕事が出入りの下請け業者の庸車、パートアルバイトなどに回ってくる。ベースは外人ばかりだし
  • ※これはヤマトだけでなく全ての運送会社にいえることだが、(利用者も理解しとくべき)彼ら(配達員)は配達だけしてるわけじゃなく集荷も同時にやってるの。
  • 近くの営業所の電話番号も載せてない企業が一流企業ですかね。ブラックはどこまでもブラック。
  • 再配達も、注文はドライバーの携帯電話にかかるため、「ごり押しされれば届けざるを得ない」...携帯番号を教えなきゃいいのに。しかも顔写真付きの紙にね
  • 結局請け負う量が多すぎるのが問題なんでしょ。ノー残業デーと同じで根本的な解決にはまったくなってない。
  • いきなり大胆な改革をすると傷口が大きく直りにくいから影響の薄いところから変えるのは当然でしょ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: