ホーム

記事一覧

RSS

「半年給与なし。仕事保証なし」 京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか


   伝統工芸の職人と弟子の関係は「ブラック労働」にあたるのか――。京都の西陣織職人がツイッターで弟子を募集したところ、その求人条件が「ひどすぎる」としてインターネット上で批判を浴びる騒動があった。

   実際、今回問題となった募集ツイートでは、「最初の半年間は給与が出ない」「その後の仕事も保証できない」などと説明していた。いったいなぜ、こうした厳しい条件で弟子を募集することになったのか。J-CASTニュースは、募集を出した職人に「投稿の真意」を尋ねた。

※引用元:

「半年給与なし。仕事保証なし」  京都・西陣織職人の「弟子募集」はブラックと言えるのか

http://www.j-cast.com/2017/03/18293227.html?p%3Dall


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • あちこちで見かける「老害年金受給者死ね死ねキャンペーン」と同じ論調やな。高い工賃のままやったらとうの昔に滅びてたともいえるんじゃなかろうか。
  • 年金の支給額を踏まえた工賃設定の話はよくわからないけど。仕事に適した販売価格とその報酬体制が破綻しているのか。。 “全文表示
  • 技術の修得は大変。誰でも出来る仕事のブラック企業とは根本的に違う。西陣織なら一反売れたら相当な額になるし。
  • クソみたいな記事かと思ったら、面白い情報が隠されていた。年金もらう職人の増加で、工賃が逆に下落。若い人が集まらないと。ぜひ検証してほしい。
  • 求人時にアナウンスしてたらブラックじゃなくむしろ良心的だと思うけど。そこには被雇用への配慮を感じるから。黒いのはそーゆーのを隠す企業の方。
  • 募集内容的にバイトや職員募集してるのとは明らかに違うだろ…。技術は教えてあげられるけど、給料出る類いの仕事じゃないよってだけじゃん…。
  • 中途半端な形で終息しちゃった炎上騒動。ご本人が実名を明かして解説。最初から背に腹は代えられぬ事情も明かせばよかったのに…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: