ホーム

記事一覧

RSS

林真須美死刑囚の長男が語った家族…札束の山

 1998年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった和歌山毒物カレー事件。当時、10歳だった林真須美死刑囚(55)の長男(29)が初めてテレビのインタビューに応じた。

 高く白い壁が取り囲み、敷地360平方メートルを超える林家の豪邸には大きな金庫があった。金庫には大量の札束があり、億単位のお金が入っていた。長男は言う。「子どもながらになんでこんなにお金があるのか、不思議だった」。父の健治氏はギャンブルで大金を手にすると、部屋で頭上から金をばらまいた。定職を持たない両親の口癖は「おれたちはお金のないところから取っているのではない。あるところから取っているからいいんだ」。

 初めて長男への直撃インタビューをしたのはMBSテレビの開局65周年記念番組「激撮! 直撃!! スクープ 秘蔵映像全て見せます」(20日午後1時55分放送、関西ローカル)。同番組はMBSがカメラに収めてきた幾多のニュース映像を基に「あのとき何かあったのか」「あの人はどうなったのか」に迫る約4時間の生放送番組だ。

<以下省略>

※引用元:

林真須美死刑囚の長男が語った家族…札束の山 - 社会 : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1794159.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • もし無罪だとなった場合一体犯人は誰だったのか?となる。ただ無罪となれば当然逮捕した警察の責任、報じたマスコミにも大きな責任が生じる事にもなる。
  • さて仮に冤罪であっても、保険金詐欺でずっーーーとメシ食ってたひとを吊るすのに良心の呵責はかなり薄いかとは思う。
  • 『犯人は母なのか。長男が最後に語る言葉は重い。ともに暮らした肉親にしかわからない思いが込められている。』20日にMBSで放送される模様。これは見たいね。
  • 両親が逮捕後、4人の子どもは養護施設に預けられ、壮絶ないじめにあった。乾燥剤が故意に入れられたカレーを口にした長男はアワをふいて倒れたこともあった。
  • もう20年近くも経つんだネエ!林真須美がまだ拘置されていることさえも忘れていたが。 興味本位に事件を蒸し返すテレビ局。 何の意味があるのかと思う!!!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: