ホーム

記事一覧

RSS

法規制をクリアしているのに倉庫火災急増のなぜ?

 アスクルの物流センターであるALP首都圏の火災事故を受け、総務省・消防庁と国土交通省が全国の大規模倉庫の調査に乗り出している。ネット通販の急拡大で物流センターは増加する一方、大規模倉庫の火災もこの10年ほどで3倍に急増している。最新鋭の物流倉庫のリスク対策に死角はなかったのか、早急な原因の解明が求められる。

 総務省・消防庁によると、2011年―15年の5年間で起きた倉庫の火災件数は、年間約600―500件で推移し、15年に発生した倉庫火災は502件。総務省・消防庁と国交省が設置した有識者検討会が14日に開いた会議では、延べ床面積5万平方メートル以上の大規模倉庫の火災はこの10年で急増し、16年度は10年前の約3倍の150件となっていることが報告された。

 消防法ではスプリンクラーや消火器、自動火災報知設備の設置などを義務付けており、「倉庫の消防法令に基づく消防用設備等の設置基準の見直しは行っていない」(総務省・消防庁予防課設備係の担当者)。だが、アスクルの火災の原因究明の結果次第では、火災予防の仕組みの見直しが俎上(そじょう)にのぼる可能性もありそうだ。

<以下省略>

※引用元:

法規制をクリアしているのに倉庫火災急増のなぜ?

http://newswitch.jp/p/8358


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • そりゃー法規制は必要条件(最低要求水準)ではあっても十分条件じゃないからな。それをあたかも必要十分条件であるかのように誤解し、実際の検討が不十分だったからだろ。
  • 法規制より過剰投資しないと実際には機能しない現実をしらないだけだろ?火事と豊洲の危険性云々とを比べて考えると興味深い。
  • わりと薄利多売の弊害だと思われる。安く早く届けるには同じ面積に出来るだけ多く積むのが一番だからね。
  • 法が定める保安基準があくまで「最低限」であることと同基準の適否の監査に「日時の事前連絡がある」時点でお察しである。
  • 原発でも漁業規制でもそうですが、最低限の法規制だけで全てがうまく回るとは限らないわけで。法律以上の対策が必要となることもあるんじゃないかとか。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: