ホーム

記事一覧

RSS

全販売のわずか15%しかない日本市場を、スバルが大切にする理由

 「日本でもこの車は売れているのか」。ある米国スバルディーラー幹部は富士重工業の国内生産拠点がある群馬県太田市を訪れた際、スバル車の販売店に必ず立ち寄り、決まってこう質問する。店員が「売れている」と応えると満足げな表情を浮かべて帰って行く―。

 富士重の世界販売は主戦場の米国が全体の6割を占め、日本は15%にとどまる。

 ただ「米国のスバルユーザーやディーラーは母国市場の日本でスバル車がどれだけ評価されているかものすごくチェックしている」。国内営業を統括する専務執行役員、細谷和男は日本市場の重要性を強調する。

 例えば運転支援システム「アイサイト」。米国が訴訟大国ということもあり現地ディーラーは当初、顧客へのアイサイトの提案に積極的ではなかったという。

<以下省略>

※引用元:

全販売のわずか15%しかない日本市場を、スバルが大切にする理由

http://newswitch.jp/p/8359


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • マツダは日本を全く大事にしていない。 その証拠はコマーシャル。 すべて海外撮影、外人の運転。 最悪な会社。
  • 基軸を母国に置くのは正しいと思うし敬意を表したい。余談だがインプレッサの上級グレードから「WRX STi」に独立させたのも素晴らしいブランディング。
  • たしかにスバルの良さをわかる人って少ないかも。私もスバリストですが、次乗る車もスバルにする予定だ。
  • 北米寄りになるからセダン派生モデルは欧州車に及ばない。及ばないのにそれに合わせようとするから矛盾する。
  • 北国は本当に「スバルAWD」だらけ・・・雪道で、本当の威力を発揮する。













関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: