ホーム

記事一覧

RSS

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ


 日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。

 原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。

 男性は翌年、エイズウイルス(HIV)への感染が分かり、パートナーの励ましのもとで治療を続ける。一方、パートナーが抑うつ的になって働けなかった時期は男性が家計を支えるなど、お互いに精神的な支柱となってきたという。

 男性はビザが切れた94年から不法滞在だったが、同性愛に理解のない母国の家族とも疎遠で、日本で息を潜めるように暮らし続けた。2013年になって、HIV感染者を支援する団体の代表を介して性的少数者の人権問題に取り組む弁護士とつながり、不法入国や不法滞在でも特別の事情があれば認められる「在留特別許可」を求める方向で相談していた。

<以下省略>

※引用元:

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3N26CFK3NUTFK001.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • ゲイカップルの台湾人が国外退去に。見出しを見て、「個人の幸福追求権」かと思ったら「法の下の平等」で違憲訴訟をやるんか。それはちょっと無理スジやと思うがなぁ。
  • 異性なら事実婚関係が考慮され在留が認められる場合もあるのに。“同性カップルの権利が法的に保障されていないことによる不利益”の違憲性を訴える国内で初めての訴訟。
  • 「異性カップルだと、事実婚でも退去強制処分が取り消された判例は少なくないという。」同性カップルにも情状酌量されるように願いますじゃ。そして法の整備も早く。
  • 日本は人口減少国家なのに、果たしてこれでいいのか。 しかも、様々な人権意識が完全に欠如している。 悲しいが、こんな日本に未来はないね。
  • いやいや、同性婚問題とは関係ないだろ?ただ不法滞在がバレただけで。どんなに純粋に愛を育んでいようと法を欺いたら全てが台無しという好例だね。
  • 日本では、同姓同士は、まだ結婚できないけれど、養子縁組という法的な対応がある。
  • 悪法もまた法なりで、まず最初に存在する法律を守ってからじゃないと、何の説得力もない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: