ホーム

記事一覧

RSS

ホンダ3代目「プレリュード」 「トレンディー」なクルマの代名詞、大ブレイクの理由


バブル期、いわゆる「スペシャルティカー」と呼ばれるクルマが大いに流行しましたが、その代名詞ともいえるのがホンダの3代目「プレリュード」でしょう。大ブレイクしたのには、もちろん理由があります。

3代目「プレリュード」、あのころホンダも若かった

 現在のホンダに「オシャレ」なイメージを抱く人は、どれくらいいるのでしょうか。どちらかといえば、ロボットやジェット飛行機、燃料電池車など技術の最先端なイメージや、ミニバンなどのアットホームなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし、かつてオシャレなイメージでホンダが見られた時代がありました。それが1980年代の後半です。

※引用元:

ホンダ3代目「プレリュード」 「トレンディー」なクルマの代名詞、大ブレイクの理由

https://trafficnews.jp/post/66463/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 初めて所有した車がこのプレリュードだった(中古)。4WS、サンルーフ、リアスポイラー付の白いの。夜の東名でスカイラインに煽られることが時々あった。
  • 最初にクルマ買ったとき、既に現行車種ではなかったですが、欲しがった車種の一つです。バブル期のクルマは内装がホントに良かった。
  • この頃のデザインは日本人好みかも。これ以降は米国狙いに転向?
  • この車、4WSが災いして車庫入れは奇妙なハンドルさばきが必要だった。
  • 「トレンディー」なクルマの代名詞、大ブレイクの理由(乗りものニュース)ジジィ向けにちょいかっこよくて静かで乗り心地いいニュープレリュードつくってほしい。
  • 僕にとって免許を取ってから2台めに乗った車です。この頃が人生で一番モテていた頃かもなぁ(^_^;)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: