ホーム

記事一覧

RSS

「密着型ブルマー」30年継続の謎 学校現場とりまく“大人の事情”


 1960年代半ばから90年代半ば頃まで、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。「体形が丸見え」「下着同然」…。恥ずかしさと不満がよみがえる方も多いだろう。なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。そんな疑問に迫った関西大学社会学部の山本雄二教授の著書『ブルマーの謎』(青弓社)をひもとけば、進歩派と保守派のねじれた支持と、学校現場をとりまく“大人の事情”が見えてくる。(横山由紀子)

 密着型ブルマーは60年代半ば頃から中学校などで女子体操着として採用され始め、全国の学校に急速に普及していった。ただ、どんな経緯で取り入れられたのかは謎だった。

 「誰も説明できないまま30年間も続いてきた。組織の力学が働いていると思ったのです」。山本教授は学生服メーカーなどへの取材や文献の調査を行い、教育学的、社会風俗的な見地からその謎に迫っている。

<以下省略>

※引用元:

「密着型ブルマー」30年継続の謎 学校現場とりまく“大人の事情”:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170322/lif17032216100019-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 「資金を必要とした中体連が学生服メーカーと組んで、従来とは全く違う製品で体操服の総入れ替えを図った。中体連が普及に協力する代わりに一部を寄付金として得る」
  • 64東京オリンピックの影響もあっただろうけど、木綿ベースの提灯ブルマーと化繊が織り込まれたブルマーでは動きやすさと価格が違うだろうぬ。
  • 小学校時代、体育の先生が授業中にトイレに行って、戻ってくると体操パンツの前が濡れてたってのは、結構有名だったよ。。
  • 変態が居たのさ・・(取り決めた人達の中に)今はヒザよりチョット上くらいまで、あるんだよね?プレイでのコスにしとけよ。な感じ
  • オリンピック見てて、体操や陸上の女子選手の露出度の高さが気になった。本人達は何とも思わないんだろうか…。
  • まあ、生まれた文化も良くも悪くも多かったけど、確かにあれは不思議だったなぁ。男子は短パンなのにね。
  • 私は密着型ブルマー時代に学生生活を送ったけど、本当嫌だった。恥ずかしいからとジャージを履くと叱られたし。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: