ホーム

記事一覧

RSS

匿名第三者の卵子で初の出産 神戸のNPOが仲介


 自分の卵子で妊娠できない女性に、匿名の第三者からの無償での卵子提供を仲介するNPO法人「OD―NET」(神戸市)は22日、提供卵子を使った体外受精で女児1人が国内で初めて誕生したと発表した。卵子提供で生まれた子どもの法的な位置付けは明確ではなく、関係者は法整備の必要性を訴える。子どもの「出自を知る権利」の確保も課題となる。

 出産したのは、若いころに月経がなくなる「早発閉経」の40代の女性。2015年に提携する医療機関で提供者から23個の卵子を採取し、夫の精子と体外受精させ、成長した11個を凍結。提供者に感染症などがないことを確認した上で、妻の子宮に1個を移植した。1度目は流産したが、2度目の16年4月に妊娠し、今年1月に女児を出産した。母子ともに健康だという。

<以下省略>

※引用元:

匿名第三者の卵子で初の出産 神戸のNPOが仲介:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3P4VT2K3PULBJ00R.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 母性の不思議なところは色々と見る機会がある。自覚の有無も問題にされる。合理性を欠いた感性的な情動に支配されることがある。昔から出産に関する問題はなくなることなく放置されている、、。
  • "生まれた子どもには卵子の提供について告知することを条件"生みの親と遺伝子の親が違う…なんて事が当たり前の時代がくるかも。命が生まれる事に問題はないとして、気になるのは生まれてきた子供の心情だよね。
  • まだ朝日紙面を購読していた頃(2年前頃?)に匿名の第三者の精子で生まれた男性が医師になり出自に悩んでいる記事を読んだ。自然妊娠が無理という理由だけで選択していいのか?
  • うーん、これはなあ。誰の何を満たすための行為なのかと言う所が不明だよなあ。気持ちはわかるんだけど。→
  • 日本に卵子を斡旋する団体があったことを初めて知りました。いろいろ言われるだろうけど、法も含めて進んでいってほしいなぁ。。




















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: