ホーム

記事一覧

RSS

メトロ販売員「仕事同じなのに」正社員と賃金差 契約社員側が敗訴

 東京地下鉄(東京メトロ)駅構内の売店で非正規の販売員として働くなどしていた62~69歳の女性4人が、売店で正社員と同じ業務に従事しながら待遇に格差があるのは不当だとして、売店などを運営する東京地下鉄の子会社を相手取り、差額分の賃金など計4560万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。吉田徹裁判長は「契約社員と正社員の間の責任の度合いは大きく異なる」などと指摘し、原告側の訴えを棄却した。

 原告側は「売店では同じ仕事をしているのに、契約社員の年収は正社員の6割程度。福利厚生も全く異なる」とし、非正規社員への不合理な労働条件を禁止した労働契約法20条に違反すると主張していた。

 しかし吉田裁判長は「売店業務に従事する正社員はごくわずかで、正社員の大半は会社の各部署で多様な業務に従事している。売店業務でも、正社員は複数の売店を統括するエリアマネジャー業務に従事するなどしているが、契約社員は同役職には就かない」と指摘。このほか、正社員は配置転換や職種転換があるが、契約社員にはないことを例示し「業務内容や責任の度合いに照らすと、待遇の差は不合理とはいえない」とした。

<以下省略>

※引用元:

東京メトロ売店員の賃金格差訴訟、契約社員側が敗訴 「責任度合いに違い」 東京地裁

http://www.sankei.com/affairs/news/170323/afr1703230054-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 職務給と職能給の違いをしっかりと理解したうえで経営や人事、雇用を考えないと、不公平といった感情論に終止してしまう。
  • 「青龍弁護士は「同一賃金・同一労働をめざす社会情勢に逆行する、きわめて不当な判決」と批判した。」これが現在「推進」されている同一労働同一賃金の実像ということ。
  • Japan) 難しいよね。学歴も含めて社員として入社するには相当の努力をしている。よく調子のよさだけで非正規から社員になるのがいるがどうかと思う。
  • 「日本は三権分立ができていない国だから、裁判所は独自判断しません」ね。 まずはその欠陥自体を周知していったほうがいいなと。
  • うーん、同一業務かどうかってはかるの難しいけど判決には納得。。正社員であることに正社員があぐらをかくと心の溝が広がるなぁ。
  • Japan) 同一労働、同一賃金をは、はっきり言って無理だよ。 仮に宅配業者があるとして、何十キロって物を女性配達員に任せる業者ある?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: