ホーム

記事一覧

RSS

首都圏の私鉄、収益増へ「着席列車」続々 西武あす導入 東武4月拡大


 首都圏の私鉄各社が、通勤客向けの有料座席指定サービスなどを導入する動きが相次いでいる。乗客サービスの向上だけではなく、沿線の少子高齢化による定期券収入の減少を見越し、新たな収益源を確保する狙いがある。

 西武鉄道は25日のダイヤ改正で、通勤車両を使った着席列車「Sトレイン」の運行を始める。所沢(池袋線)-豊洲(東京メトロ有楽町線)間などで運行し、座席指定料金は510円。通勤時間帯の平日朝は上り1本、夕方以降は下り3本を走らせる。日中は座席をロングシートに切り替え、一般の電車として運用する。

 追加料金制の通勤客向け着席列車は1984年、旧国鉄が上野-大宮間で走らせた「ホームライナー」が始まりだ。

 私鉄各社は、ダイヤが過密な通勤時間帯にこうした列車を運行することには二の足を踏んできた。しかし「通勤に有料特急を使う乗客も多く、ニーズが見込める」(東武鉄道)として、10年ほど前から導入の動きが広がってきた。

<以下省略>

※引用元:

首都圏の私鉄、収益増へ「着席列車」続々 西武あす導入 東武4月拡大

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170324/bsd1703240500020-n1.htm


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 企業を東京から離れさせれば解決するのに。本社を東京から移転すれば法人税を減税。場所によって減税率を決める。ってなれば、東京の一極集中はなくなっていくんかなって思ってます。
  • 各社沿線住民の増加(もしくは減少ペースの抑制)に躍起だけど、自動運転がフツーになったら駅前のメリットなんて吹っ飛ぶよね。何年有効な施策かな?
  • 「必ず座れる通勤列車」需要は女性を中心に人気になるはず。 問題は会社は差額を通気手当に加味してくれるかどうか。
  • こういうの、どうにかウマイこと開発して、改札通った時点で抽選されて「今日は座って通勤出来ますよ!おめでとうございます!」的なの、出来ないかなぁ?
  • どうしても座りたいときとかあるもんね。 これって、ロマンスカー的なイメージ?それとも絶対座れる普通の電車?
  • 東武4月拡大(SankeiBiz)需要あると思います!体調イマイチやけど行かなければいけない時、座って寝れるだけで楽になりますもんね。時々利用したくなると思います。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: