ホーム

記事一覧

RSS

「引っ越しそば」の大誤解 「新居で食べるそば」は間違い


   新年度のスタートを目前に控えた毎年3月下旬は、進学や就職などに伴う引っ越しのピーク期だ。そんな中、インターネット上には、新居の隣人にそばを配る「引っ越しそば」という風習の意味を「誤解」した書き込みが相次いでいる。

   「引っ越しそば作って食べた」「引っ越しそば食べに来てる」――。このように、引っ越しそばの風習を「引っ越し先でそばを食べること」と勘違いしているユーザーが続出しているのだ。

※引用元:

「引っ越しそば」の大誤解 「新居で食べるそば」は間違い

http://www.j-cast.com/2017/03/25293830.html?p%3Dall


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • そんな誤解自体全く知らず衝撃。でも本来の意味は今時無理があるのは事実なので、このように変化するのはアリかもしれない。
  • 配る蕎麦と理解しているが。ま、街並みじゃないとな。江戸期に農業地帯だと引越し自体が稀だろうし。
  • え~。 こんな『当たり前の事』さえわからない奴山ほどおるとか、本当なの…? お前らはもう「母国で間違った日本観植えつけられた外国人」と変わんね~よw
  • 今はアレルギーがだんだん知られて来たから食べ物よりも石鹸や洗剤、タオルの方が良い気がする。
  • 子供の時に転居を経験してなかったり、近いご近所に転居してくる人が居ない人が多い土地の方々だったとかでなく??
  • 転居先で自分でそば食うってもはや意図が不明すぎるよね。年越しそばじゃねーんだから…… どうしてこうなった
  • 正しく理解している人の方が少ないことに驚愕。昔のマンガでも、当たり前のように描いてたけどな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: