ホーム

記事一覧

RSS

農家のナス出荷制限、農協に初の排除措置命令へ 公取委


 ナスの特産地で知られる高知県の「土佐あき農業協同組合(JA土佐あき)」に対し、公正取引委員会は、独占禁止法違反(不公正な取引方法)で再発防止を求める排除措置命令を近く出す方針を固めた。ナスを同農協以外に出荷しないよう組合員の農家の取引を制限したと認定する見通しだ。市場への出荷ルートをめぐって農協に同命令が出るのは初めてとなる。

 高知県内のナスの集出荷場は「支部」と呼ばれる農家たちの生産組織が運営している。関係者によると、同農協管内の複数の支部が2012~16年、農協ルートでの出荷に応じない農家を除名し、袋や箱詰めをする集出荷場を使わせなかった。一部の支部では、農協以外のルートでの売り上げに3・5%にあたる手数料を求めたり、畑の広さごとに農協への出荷量を設定して下回ると罰金を科したりしていたという。

<以下省略>

※引用元:

農家のナス出荷制限、農協に初の排除措置命令へ 公取委:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3S5DBBK3SUTIL02Y.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • ◆◆ 政治の世界でも同じことが。各党の党議拘束だ。米国のように成熟した思想の自由社会ではトランプケアのような現象が出現する。上下院共和党・大統領でもだ。日本では最高裁は党議拘束が憲法違反の見解をだせ。
  • これの怖いところはJAの独占が終わるので勝手に茄子のブランドを語る業者が出るかもしれないこと。そして経営に無知な農家の生活に影響が出ないか心配と言う事だ。
  • JAの人達は、どういった行為について適用除外があり、どういった行為が禁止されるのかを勉強すべきです。全農の法務コンプラ部には、全国行脚してほしいところです。
  • 大企業の独占は、野放し。公取委の機能に疑問符。農協への介入は、農家や農協の実態を把握し聞き取りを行う必要あり。農業潰しとも捉えられる。反対!
  • きっとどこでもやってるな! 農協側は一揆が起きないよう根回しに大変だ。そんなことに労力使っているんじゃない? 今風な一揆が起きたら崩壊だね。
  • 電通やその他の企業の違法残業という名の奴隷商人への強制捜査といい 最近不正の取り締まりを頑張ってるな 今まで仕事してこなかったくせにどうしたの? いいことなんだけど急に仕事し始めると怪しんでしまう


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: