ホーム

記事一覧

RSS

親が喫煙、子どもに肥満傾向 厚労省「統計的有意な差」

 喫煙者の子どもは肥満の確率が高い――。厚生労働省は28日、こんな調査結果を公表した。科学的な因果関係ははっきりせず、他の要因が影響している可能性もあるが、担当者は「統計的に有意な差が出た」としている。

 2001年生まれの子ども約5万人の追跡調査を元に、13歳になるまでの計11回分のデータを分析。生後6カ月の時点で両親とも非喫煙者か、少なくともいずれかが喫煙者かで比べたデータを分析した。

 その結果、親が屋内で吸っていた子どもが肥満になる確率は、非喫煙者の子どもと比べて男児が4歳以降に20~58%、女児が2歳以降に21~71%高かった。親が屋外で吸っていた場合では、男児が5歳以降に15~29%、女児が5歳以降に18~33%高くなった。

 母親に間食や夜食の習慣があったり、子どもが朝食を食べていなかったりするなど肥満に影響する可能性のある要因を排除して推計しても、有意な差が残ったという。(伊藤舞虹)

※引用元:

親が喫煙、子どもに肥満傾向 厚労省「統計的有意な差」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3X4W3VK3XUTFK00F.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • コンビニやドラッグストア(笑)には販売許可を与える一方で、たばこ屋を締め出す現状…。 嫌煙原理主義者の急増…喫煙者のマナー向上が急務やね。
  • このデーターは嘘っぽい。我が家の子供は肥満のかけらも無い。厚生労働省はデマを拡散していく。お隣の国みたいだ。子供がどんな食事をしているのか検討したのか?糖、油分をとれば太る。
  • またアホな研究を。喫煙率の低下と肺がん患者数が比例してない件について説明お願いします。タバコと肺がんが関係ないと認めないと肺がん減らないよ。
  • これは偏向報道過ぎるな? 私もかなりのヘビースモーカーだったけど、三人姉妹は普通体型で可愛いいよ?(笑 煙草をやめて、9年目突入。
  • これは副流煙の問題よりも、煙草好きな親は頭がおかしくなってて、子供にはコーラ飲ませ、飯も作らずにマックだけ食わせてる、てことが統計的にわかったていう話。
  • 厚労省「統計的有意な差」】この記事を信用する人は先ず居ないだろう。コレステロールで大嘘を吐いて撤回したばかりなのに、またあやふやなままこういう発表をする。この記事がデタラメだという事はすぐに発覚する。
  • これはもう大問題なくらいに統計的ミスをしている。これが意図的なものであれば、昨今の傾向である学術に見せかけた煽動でもある。喫煙者は言うに及ばず、肥満者に対する明らかな人種差別にもつながる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: