ホーム

記事一覧

RSS

恫喝と圧力に屈しない 民進党の抗議に反論する 政治部長・石橋文登

 民進党の皆さんは、なぜ政権を失い、なぜ今も国民に見放されたままなのか、まだお気づきになっていないようだ。

 学校法人「森友学園」(大阪市)問題で民進党の辻元清美衆院議員に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)について、民進党は29日夕、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。30日付紙面に全文を掲載しているのでご参照願いたい。

 抗議文では、本紙記事を「ネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した」と批判した。そもそも「根拠ある疑惑」というのは意味不明だが、続いて記事は「裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである」という表現は看過できない。

 言うまでもないが、担当記者は十分に取材した上で記事化している。辻元氏にも取材を申し込み、27日午後1時半すぎに質問書を事務所に送付、午後5時までの回答を求めた。ところが、事務所側は午後5時23分に「明日、確認が取れた段階で返答する」とFAXを送付してきたので、やむなくその経緯を入れて記事化した。翌28日午後5時23分、辻元氏側は回答書を出したので、その全文を29日付紙面に掲載した。

<以下省略>

※引用元:

【森友学園問題】民進党の抗議に反論する-恫喝と圧力には屈しない 政治部長 石橋文登

http://www.sankei.com/premium/news/170331/prm1703310006-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 辻元議員問題に関して民進党は「法的措置も含めた対応を検討する」そうだ。「検討」だけで止めずに法的措置を取って欲しい。そうすれば、国民の目にも辻元疑惑が良く分かる。
  • 民主党の通名『民進党』 恫喝体質、言論弾圧体質は通名で名前変えても相変わらず、「書いたらその社、終わり」ね、は忘れられん。
  • 日本人のやり方ではないね。民進党(民主党)というのは、中韓北のような恫喝が定番になっている。→人心離れた理由お忘れか?
  • ほんと産経イイ加減にしたら。工作員とされた人も籠池家も否定してるでしょ。こういう戦略ずっとやってきたろうけど、さすが明白にこれはばかりは無理あるだろ
  • 仰る事としてはごもっとも。でも辻元清美の回答を待たずに28日の記事にすべき必然性は何処にあるのか? ~人心離れた理由お忘れか?
  • 小林よしのりさん「よしりんの『あのな、教えたろか。』より「辻元清美へのデマより、昭恵の証人喚問だ」 『産経新聞の政治部長・石橋文登が書いた「民進党の抗議に反論する」「恫喝と圧力に屈しない」という記事には、あきれ果てた。』
  • 与党の事は当然のように糾弾しようとするのに、自分たちが糾弾されると神経質になるのは何故?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: