ホーム

記事一覧

RSS

横浜の小1死亡事故、88歳男性を不起訴 認知症と診断


 横浜市港南区で昨年10月、集団登校中の小学生の児童の列に軽トラックが突っ込み、1年生の田代優(まさる)君(当時6)が死亡した事故で、横浜地検は31日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で送検されていた無職男性(88)を不起訴処分(嫌疑不十分)とし、発表した。

 地検などによると、男性は精神鑑定の結果、アルツハイマー型認知症だったと診断された。昨年10月27日朝に自宅を出発。生活圏外に出たため、認知症の影響で自分がどこにいるかわからなくなり、体調も認識できない状態のまま、事故までの約24時間にわたる運転で疲労が蓄積されていたとみられる。

 地検は男性が運転をやめる決断もできなかった可能性を否定できず、過失は問えないと結論づけた。

 田代君の父親は代理人の弁護士を通じ、「希望に満ちあふれた人生のすべてを一瞬にして奪い去られ、その運転手の罪を問うことができないという判断は到底納得のできるものではありません」とのコメントを出した。(古田寛也、伊藤和也)

※引用元:

横浜の小1死亡事故、88歳男性を不起訴 認知症と診断:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK305RGHK30ULOB018.html


管理人の反応

(;つД`) アウ


ネットの反応

  • 認知症が多い年齢の老人に免許証与えてる時点で「国の過失」と言える。将来働いて税金払ってくれたかもしれない子供が死んでんのに何が不起訴だ。横浜の司法も劣化か。
  • マジふざけてるだろ、これ。犠牲者が浮かばれなさすぎる…。 老害達よ、こうなったら残り少ない人生も即終了なんだから自分でヤバイと思ったらいさぎよく返納なさい。
  • だからと言って同情の余地はないと思うが、ほんと高齢者には未成年者と同様に保護者を設けろ。
  • 死亡事故起こしといて無実って。 これじゃ被害者が浮かばれない。 病気持ちなら何でも許される世の中イヤイヤ。
  • 運転していた爺さんの罪が問えないとなれば、その爺さんの家族の監督責任を、民事裁判で問うしか無いけど、これも難しい裁判になるかもなぁ。
  • このあと民事で賠償請求されるだろう。でも保険によっては支払って貰えない可能性が高い。 色々な意見はあると思うが、認知症になったら免許は返納するべき
  • 亡くなった子供も遺族も納得出来ないだろうな。 認知症でも免許更新が出来る自体が間違いなのだが。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: