ホーム

記事一覧

RSS

雪崩発生は予見できたか 残る3つの謎…県教委も検証作業へ


 栃木県那須町のスキー場で高校生ら8人が死亡した雪崩事故は、県警の捜査が本格化した。業務上過失致死容疑での立件に向け、今後の捜査でポイントとなるのは、講習会の責任者らが雪崩をどの程度予期できたかという「予見可能性」だ。その解明に向けては、いくつかの謎が残されている。県教委も第三者による検証委員会を設置、4月上旬にも検証作業を開始する。

 

誰が訓練提案?

 謎の一つは、登山の中止を決めた後、誰が雪の中を歩く「ラッセル訓練」を提案したかだ。

 「2人と相談した。誰が提案したか特定するのは自信がない」

 講習会の責任者だった猪瀬修一氏は3月29日の記者会見でそう述べている。猪瀬氏は事故当時、スキー場から車で2、3分の本部にいた。相談した2人とは、猪瀬氏よりも登山歴の長い、副委員長の菅又久雄氏と前委員長、渡辺浩典氏だ。

<以下省略>

※引用元:

【栃木スキー場雪崩】雪崩発生は予見できたか 残る3つの謎…県教委も検証作業へ

http://www.sankei.com/affairs/news/170401/afr1704010006-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • ~雪山登山訓練を計画立案して実施したのは県教委体育課。 高校生の冬山登山訓練は無理なことは明白。冬山の怖さを知らない県教委体育課が、恒例行事として計画したことが問題、作業検証は県教委体育課からでしょう
  • もうさ、予見出来る人がなんでもやれば良いよ 裁判官とかさ 皆さんが吊し上げてる先生も、雪崩事故の犠牲者だろ? 教え子を無くした心中は、察するに余りある
  • 危険と思われたいた北側は以前の雪崩で雪の流れを妨害して今回の方向に雪崩が起こったんだろう?
  • なぜこれがまず出て来るのかがオレはわからないんだよな。被害者の感情の為ならば広める必要性はないし…
  • 『訓練場所について「絶対安全」と強調した猪瀬氏』雪山で絶対安全とか言っちゃう時点でね・・。


















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: