ホーム

記事一覧

RSS

未処理汚水こっそり放出 「秘密の管」111カ所 仙台


 仙台市が、大雨のときにマンホールなどから汚水があふれないよう、未処理のままの汚水を「秘密の管」から川などに流していた――。「緊急避難」として、30年近く前からこっそり行われてきた実態が、3月の市議会で明るみに出た。市は国土交通省にも初めて報告。「好ましくない」と改善を求められている。

 仙台市の下水道は、雨水と汚水が別々に流れる「分流式」が面積の8割を占め、汚水は処理場で浄化しないと川や海に出て行かないのが原則だ。だが実際には、地中管のひびなどから雨水が汚水管に入り込み、雨天時には管の容量をオーバーしてしまう。このためマンホール内の水位が上がった際、汚水を雨水管にバイパスする「緊急避難管」が、市内111カ所でつくられていた。

 仙台市で分流式の処理が始まったのは1979年。当初から大雨のたび、郊外のくぼ地などで、マンホールやトイレから汚物まじりの水がふきだすことが相次いだ。苦情が殺到し、下水道の現場担当者は苦肉の策をとる。マンホールから近くの雨水管までの「抜け穴」を緊急工事でつくり、地上にあふれるのを抑えようとしたのだ。

<以下省略>

※引用元:

未処理汚水こっそり放出 「秘密の管」111カ所 仙台:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK3W7T2FK3WUNHB017.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 金洗沢は金沢の本当の名前。汚水で呪詛?もし呪詛なら、呪詛は氣付いた時点で百倍になり、呪詛をかけた相手に自動的に跳ね返る。呪詛返し!
  • 庄司あかり議員(共産)の質問に村上貞則建設局長が「やむにやまれぬ対応だったが、今後改善が必要」と答えた。 やっぱり共産党があばいてる。
  • その場限りの役人の発想。今の役人互助会の代表の市長では対応できないだろ。使い物にならない無能市長。
  • これはダメだろー。詳しくはないが、こういうのが生態系を壊すことになるんじゃないのか? 法に触れる触れない以前の問題だと思うけどな。
  • 朝日新聞は去年経営不振から記者を何人もリストラしたが、このての印象操作記事が上手いやつだけ残したんだろうね。
  • 下記リンクの様な、海洋への排水が原因と疑われる研究もある。甘く見てはいけない。
  • 表は厳格、地下は抜け穴だらけ。なんだか永田町・霞ヶ関の裏事情にさも似たりですね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: