ホーム

記事一覧

RSS

リンさんの父、ひつぎの上に上着 ベトナムに無言の帰国


 千葉県我孫子市で見つかった、ベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同県松戸市=の遺体が2日午後、故郷のベトナムに戻った。集まった親族らが「どうしてこんなことになったの」と泣き崩れた。

 リンさんのひつぎは、両親にともなわれ、ハノイの空港に着いた。遺影を手にした両親が到着すると、リンさんの祖父母ら30人ほどの親族が「リン戻ってきて」などと叫ぶ姿が見られた。その後、ひつぎの周りに親族らが集まり、父親(34)は冬用の上着をひつぎの上にかけ、母親は周りの人に抱えられるようにして立って、手を合わせた。

 ひつぎは父方の郷里で、リンさんが幼い頃過ごしていたベトナム北部のフンイエン省へ車で移動。実家の前に運び込まれると、近隣の住人らが長い列を作って集まった。

<以下省略>

※引用元:

リンさんの父、ひつぎの上に上着 ベトナムに無言の帰国:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK425QWCK42UHBI00G.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 痛ましい。日本は確かに他国に比べりゃ安全な国なのだが、それでも犯罪をゼロにはできないし、いつ自分が被害者になるかもわからない。日本を信頼してくれた外国人が犠牲になるのは、本当に心が痛む……。
  • 二つの国の信頼と想いを汚しこれだけの国民から憎悪を向けられた犯人はもう二度と真っ当な人生を送れはしないだろうな。まあ当たり前の結末だが。震えて裁きを待つがいい
  • 痛ましいし気の毒な事件ではあるが。残念乍ら日本も万全な国では無い。何故彼女(彼等?)が日本に来なければならなかったのか、そのあたりから考えてみる必要があるのではないか? 千葉女児殺害:朝日新聞デジタル
  • 「日本で、もっと子どもを守ってあげることはできなかったのか」「日本で火葬せずに遺体のままベトナムに戻してくれた日本とベトナムの関係者に感謝したい」本当に、本当にごめんなさい。
  • かわいそうに、お父さんどんなに悲しかろ(涙)卑劣な犯人を必ず見つけ出し彼の前に突き出して欲しい。ついでにベトナムに今も残る地雷原を、生きた探知機として犯人を歩かせてやれ(怒) l
  • 悲しい出来事です。犯人はなんとしても見つけてほしい。それにしても、外国の方の子供の不幸に、この国の政府、弔慰一つ表明しないようです。国の姿勢が読み取れるようですね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: