ホーム

記事一覧

RSS

雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒


 登山講習中の高校生ら8人が死亡した栃木県那須町の雪崩事故で、犠牲者らとともに生き埋めになり、救出された県立大田原高校の男子生徒(16)の父親が朝日新聞の取材に応じ、「息子は口の周りの雪を食べて呼吸できるようにした」と当時の状況を証言した。

 県教委によると、雪崩は3月27日午前8時半ごろ、スキー場近くの尾根上にある通称「天狗(てんぐ)の鼻」の大岩付近から発生した。55人が5班に分かれて参加し、1班の14人のうち大田原高校の生徒7人と教諭1人が死亡、他の6人も負傷した。

 取材に応じた父親によると、男子生徒は隊列の7、8番目ぐらいにいた。雪崩が襲った瞬間のことは覚えていないというが、「足元がずるっと滑り、後ろに何回転も転がっていって、木にもぶつかって、雪に埋もれた。手をのばしても雪の表面に出ないほどで、1メートルぐらいの雪をかぶった」と説明したという。

<以下省略>

※引用元:

雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4254C3K42UUHB005.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 初めて!図解を見ました(大汗) 此れって? 生徒達の行動は。陸自の雪中行軍の訓練と違いますか? 想像も出来ない!確かに、学校の先生方は、世間離れして居ると言う
  • 雪崩にあって意識あった事にも驚いたけど凄い生命力だな。PTSD トラウマとかにならずに素敵な人生を送って下さい。
  • 口の周りの雪を吐く息で溶かそうとするとかえって雪が固まり、二酸化炭素が蓄積するケースが多いとのことだが、なるほど…。この判断が咄嗟にできたのはすごいな。
  • 素晴らしい生還方法だ。初めて聞いた。 咄嗟の行動だろうが、そうそう発想出来るものではない。
  • すごいサバイバル術だなぁ。言われてみればこれをやっておかないと、呼気の熱で口の周りの雪がすぐ氷になってしまう…気がする。
  • いろんな「大丈夫だろ」がすべて悪い方に出た感じ。雪山は本当に危ないね。雪山だけじゃないけど、危険予知はしすぎるにこしたことない/雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: