ホーム

記事一覧

RSS

東芝半導体出資に「日本連合」案 技術流出防ぐ狙い


 東芝が進めている半導体子会社の売却で、日本の大企業が連合を組んで出資する構想があることが分かった。経済産業省などが呼びかけて1社あたり100億円規模の資金を集め、政府系のファンドや日本政策投資銀行も活用して数千億円を用意する。だが、実現性は不透明だ。

 東芝が3月末に実施した1次入札では台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が3兆円に近い額を提示して金額面で優位に立っている。一方、経産省は安全保障にもかかわる半導体技術が中国や台湾に流出することを警戒。1次入札に参加した米国系の企業やファンドに相乗りして出資を目指すとみられる。一定の出資比率を得ることで、技術流出を防ぐ発言権を持つ狙いがある。

 経産省主導で財界人などから、富士通や富士フイルムホールディングスといった大企業に打診。一部企業で検討が始まった。

<以下省略>

※引用元:

東芝半導体出資に「日本連合」案 技術流出防ぐ狙い:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4831VGK48ULFA001.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 取り組みは良いと思う。 国が先導して「箱作り、カネを出すのは良い」が、 中身を維持する人材は役人を用いてはいけない。 役人は仕事が遅く、責任を負う真剣さが生じない立場。
  • 原発輸出という馬鹿げた国策を中心になって進めたのは経産省だ。東芝をここまで追い詰めた主犯がまとめる救済策なんて酷い結末が見えている。
  • 日本の金を出すなんて、最悪最低の話。エルピーダの二の舞になるだけ。米国が最も高く買ってくれたらそれが一番良い。セカンドベストが中国。
  • 技術者が国内から海外のメーカーに移れば技術は流出する。今迄、技術者を大事にしてこなかった東芝が何を今更出資依頼の口実にしてんのか?って話だ!
  • 液晶もそうだったが、負け犬同士で組んでも、うまくいかないのでは? 半導体の分野で世界で戦える企業は、日本には、いないでしょ!! 変な愛国心は捨てるべきだ。
  • 経産省もなにバカな事を考えてるんだよ。国内企業でメモリービジネスに耐えられるとこがあるの?しかも船頭ばかりで意志決定出来そうにないし/東芝半導体出資に「日本連合」案


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: