ホーム

記事一覧

RSS

<東芝決算>異例の監査意見なし 上場廃止の恐れ高まる


 東芝は11日、2度延期した2016年4~12月期連結決算を発表した。前例のない3度目の延期を回避するため、監査法人から「決算内容は適正」との意見を得られないまま異例の発表に踏み切った。監査法人の承認がない決算は上場廃止基準に当たる恐れがあり、東証が審査に入ることになった。東芝は昨年12月末時点で2256億円の債務超過に陥った。

 東芝の綱川智社長は11日、東京都内で記者会見し、「大変なご迷惑、ご心配をおかけし、おわびする」と陳謝した。監査法人から適正意見を得られずに決算発表したことには「適正意見をもらうめどが立たなかった」と説明した。ただ、承認が得られなかったため、東芝の決算短信には事業継続に「重要な疑義がある」と記載した。

 東芝の決算を巡っては、経営破綻した米原発子会社ウェスチングハウス(WH)の元幹部が損失を少なく見積もるよう部下に圧力をかけたとされる問題が発覚したのを契機に、「WHは過去の決算でも多額の損失を認識していた疑いがあり、昨年よりさらにさかのぼって調査すべきだ」と要求する米監査法人と、「不適切な圧力は調査で判明したが決算への影響はない」と否定する東芝が対立。東芝は2月と3月の2度にわたって決算発表を延期し、今回も期限の11日までぎりぎりの調整を続けてきた。

<以下省略>

※引用元:

東芝決算:異例の監査意見なし 上場廃止の恐れ高まる - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170412/k00/00m/020/096000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • おはよう、東芝決算、異例の監査意見なし、上場廃止の恐れ高まる。G7外相、アメリカのシリア攻撃容認、化学兵器拡散を抑止、限定された対応。プーチンシリア攻撃を非難、イラク戦争の想起。米北朝鮮ミサイル迎撃準備か。外務省、韓国滞在者に朝鮮半島情勢、注意喚起。今日は運動公園駐車場完成式。
  • 東芝が上手く株式ストックオプション付き社債等を発行すれば、半導体事業等の東芝の利益を社債返済にまわせば、東芝の半導体事業を売らなくてもよくなる事も考えられる。
  • いい加減な経営、いい加減な市場、そこに群がる投資家。それらで形成されているのが、経済の実態の一片。本気になったら負けですね。
  • 監査意見無しの決算報告。 信憑性に欠ける決算内容。 発表された赤字額に、原発事業の収支が含まれていない。 矢張り、粉飾決算報告か。 株式上場廃止もあり得る。
  • 何気に怖い事になってる。破綻だけなら理解するけど、現在進行形でウエスチング社の負債は米国民が負担するからだ。こんな事になれば日本政府は絶対潰さない、って事は税金が使われかねないから


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: