ホーム

記事一覧

RSS

一人のはずの卒業式、扉を開けると


 3月27日の朝。僕はブレザーを着て学校に向かった。東京都葛飾区立青戸小学校。3日前に卒業式があったけど、僕は39度の熱が出て、出席できなかった。

 ようやく熱も下がって、卒業証書を受け取りに行く。毎日通った通学路。きょうは、お母さん、お兄ちゃん、弟も一緒だ。

 あれ? 同級生の男の子がいる。もう春休みなのに。「どうしたの?」。声をかけたら、少し慌てた様子。「卒業式の日に、お父さんが間違えて学校のスリッパを持ってきちゃった。返しに行く」。僕のお母さんが「代わりに返してきてあげる」と言ったけど、「いいよ!」。走って行っちゃった。

 ほかにも同級生が学校に向かっている。

 学校に着くと、体育館に案内された。1人だから、校長室じゃないの?

 体育館の扉を開けると、みんながいた。約40人が、一斉に僕を見る。「音楽がないと寂しいよな」。友だちが言った。入場曲の「カノン」を、誰かが鼻歌で歌ってくれた。

<以下省略>

※引用元:

一人のはずの卒業式、扉を開けると...

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/11/story_n_15949944.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 小僧も体調よくなくて途中参加だったけど、式次第全部終わってからクラスのみんなが残ってくれて、みんなの前で証書いただきました。
  • 登場人物がキラキラネームすぎてふりがななしでは読めない。。 本名じゃなくて俳名だと信じたい。
  • 胸が熱くなるお話なのだけど、最後までそのテンションを保てない記事。めっちょオススメ。
  • 良い話なのに名前に目がいって仕方ない。割りと真面目にこの子の将来に私のような老害が減ってることを祈る =>
  • こういう記事にもヤフコメ界隈では800人前後の糞が否の意思表示をしている。
  • いい話だけど名前で草 昔実家にメンヘラ女とその子供が逃げ込んできたんだけど、その名前がオーラ(漢字不明)君だったなぁ
  • なにこれ、めっちゃ良い話!しかも忙しない東京の話というのに驚いた(*'▽'*)一人のはずの卒業式、扉を開けると(朝日新聞デジタル)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: