ホーム

記事一覧

RSS

ローソンの玉塚会長退任へ…竹増社長に権限集約


会長(54)が5月30日付で退任し、顧問に退くと発表した。

 親会社の三菱商事出身の竹増貞信社長(47)に権限を集約し、競争が激化しているコンビニ業界で生き残りを図る。

 玉塚氏はユニクロを展開するファーストリテイリングの社長などを経てローソンに入社し、2014年5月に社長に就任。高級スーパーの成城石井の買収や銀行業への参入準備を進めた。

 ただ、ファミリーマートとサークルKサンクスが16年9月に経営統合し、ローソンの店舗数は業界3位に転落した。コンビニ1店舗当たりの売上高でも、首位のセブン―イレブン・ジャパンとの差を縮められなかった。玉塚氏は昨年6月に社長職を竹増氏に譲り、会長に就いていた。

2017年04月12日 13時25分

Copyright © The Yomiuri Shimbun

※引用元:

ローソンの玉塚会長退任へ…竹増社長に権限集約

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170412-OYT1T50116.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • ローソンの玉塚会長退任で竹増社長に権限集約でもローソンブランド展開品人気海外からの客の購入安定から物販の海外向け空港展開等強推進すべきだが知的所有権強奪買収工作ファッソ動向からUSアジア強化へ向け私の採用企画雇用合どうり考えてほしい
  • 自社の生え抜きでは無く、他社で実績のあるプロ経営者をヘッドハンティングする時代の先駆けの一人では。”青年社長”のイメージがありましたが既に50代か
  • ファミマの件に責任ないが合併阻止出来なかった、UNIQLO時代は高級志向失敗で柳井氏に追い出され。次は有るのかな?
  • つくづくついてない人、ファミマの件での責任は無いが合併阻止出来なかったと言うことか?ユニクロ時代は高級志向に舵を切ったがこれは失敗
  • しっかしこの手のプロ経営者ってのは、成功しても失敗しても次の仕事はあるのが不思議よねぇ…。
  • 個人的には、ローソンが目指す先は商社との繋がり強化というよりは、新浪元社長のように商社からの人材でも良いが、商社を退社し距離を適切に置いて、専任として本気の運営なんだよな…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: