ホーム

記事一覧

RSS

東芝、売上額1兆円減か 財務悪化で受注制限なら


 経営再建中の東芝が、米原子力事業の損失に伴う財務の悪化で、発電やビル設備などの大規模な工事に必要な「特定建設業」の認可を更新できず、1兆円規模の売り上げを失う恐れがあることが12日、分かった。東京電力福島第1原子力発電所で手がける廃炉事業への影響も懸念される。

 建設業法では、4千万円以上の下請け契約を必要とする大規模工事を手がけるには、特定建設業の許可が必要と定められ、財務的な条件が課される。具体的には、負債が資産を上回る債務超過の場合、債務超過額が資本金の20%を超えないことなどがある。東芝の資本金は2千億円で、400億円の債務超過までなら許容される。

 だが、東芝は米原子力子会社の破産処理で、平成29年3月末に6200億円の債務超過になる見通し。半導体メモリー事業を分社して設立した「東芝メモリ」を売却して損失を穴埋めする計画だが、特定建設業の認可更新期である12月には間に合わない公算だ。

<以下省略>

※引用元:

東芝、財務悪化で受注制限なら売上額1兆円減か

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170413/bsg1704130013003-n1.htm


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 従業員の為にも、無理なら無理と早めに宣言した方がいいのでは? 後手後手になるほど、残された従業員の将来が変わってくると思う。
  • もう会社更生法適用申請しかなかろう。ヘアカット、100%減資、スポンサーの新規払い込みで債務超過解消すべし。
  • ←廃炉費用も、経営存続にも電気料金や税金で国民全員負担、東芝に甘過ぎる。東電と共に一度潰すべき
  • 東芝が上手く株式ストックオプション付き社債等を発行すれば、半導体事業等の東芝の利益を社債返済にまわせば東芝の半導体事業を売らなくてもよくなる事も考えられる-東芝、売上額1兆円減か
  • 独占禁止法の法理念に反することを国が許していたからこうなった。
























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: