ホーム

記事一覧

RSS

トヨタが部品を運ぶ専用列車を増便。“陸送脱却”は進むか

 深刻化するトラックドライバー不足の対策として、輸送手段を鉄道や船に転換する「モーダルシフト」が加速している。佐川急便や福山通運など、陸送中心の宅配事業者が専用の貨物列車を運行。主に幹線輸送を鉄道に切り替えることで、トラック依存の脱却を図っている。

 国土交通省もドライバー不足はさらに進むとみて、モーダルシフトを推進した企業に対し、運賃の一部を補助。インセンティブを与え、モーダルシフトを促進する。

 「商品を磨き、コストを下げる努力が実を結んだ」。JR貨物の田村修二社長は2017年3月期に、鉄道事業で2億―3億円の黒字となる見通しとなったと笑顔で語った。鉄道事業の黒字化は実質的に、87年の国鉄民営化による会社発足以来初めてとなる。

 ドライバー不足が顕在化した15年、JR貨物は荷主に鉄道輸送の提案を強化した。それまで年に1―2回開いていた「モーダルシフト説明会」を、15年は東京貨物ターミナル駅など、全国各地の主要駅で9回実施。1―2カ月に1回のペースで集中的に開催した。

<以下省略>

※引用元:

トヨタが部品を運ぶ専用列車を増便。“陸送脱却”は進むか

http://newswitch.jp/p/8638


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 最後にはトラックで運ぶんだからアレ。 鉄道使うと雨風雪で簡単に遅延するし、運賃安くても確実性には欠ける。
  • こういう取り組みと同時に、消費者と、売上至上主義の通販業者の意識改革が必要。
  • この31ftコンテナは、専用の11トントラックで運べるので便利な訳だが、このタイプで冷凍機付きとか出ないのかね?
  • ←地球環境の事、陸運業界の人手不足を考えれば、鉄道貨物への転換を進めるべき。
  • 確かに鉄道輸送もうまく使えば、ドライバー不足等のあらゆる問題も少しは解決するかな。















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: