ホーム

記事一覧

RSS

死亡男性の1人は認知症か、身元確認急ぐ 京急踏切事故


 15日午前9時10分ごろ、川崎市川崎区池田1丁目の京急八丁畷(はっちょうなわて)駅近くの踏切で、京成高砂発三崎口行き快特電車(8両編成)に男性2人がはねられ、死亡した。神奈川県警は踏切内にいた男性と、助けようとした男性がともにはねられたとみて調べている。

 川崎署によると、70代とみられる男性が踏切内に入った後に遮断機が下り、直後に50代とみられる男性も遮断機をくぐって踏切内に入ったという。後に入った男性が、先に入った男性の腰のあたりをつかんで引き戻そうとしている様子が目撃されているという。

 現場には、50代の男性と、近くに住む70代男性の身分証明書が落ちていた。70代の男性は認知症の症状があるといい、2人とも連絡はとれていないという。署は身分証明書は亡くなった2人のものである可能性があるとみて、身元確認を急いでいる。

※引用元:

死亡男性の1人は認知症か、身元確認急ぐ 京急踏切事故:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4H659QK4HULOB00Q.html


管理人の反応

(;つД`) アウ


ネットの反応

  • もちろん非常停止ボタンを押すべきだったが、他に死人が出たわけでもないのに「自己満足の迷惑者」とか罵倒している書き込みがあって暗澹となる。酷い時代だ。
  • これ超絶最悪なパターンだな。70歳爺の遺族は京急から損害金払えと訴えられたとしてもある程度免れる可能性あるけど、50代男性の遺族から訴えられたらどうなるのか。想像するだけでもおぞましい。
  • 全ての線路を立体交差にできないのは国策の誤りであり国土交通省の責任だ!国土交通省は、この責任の重大さに気付いてほしい!!
  • 体の元気なボケ老人は困る。寝たきりになってボケたほうがまだいい。体より頭の健康を大切にしよう。
  • そのほんの束の間やり取りがどんなだったか知る由もないが、こうあるべきだという気持ちを見事に実践した方を、心から敬いたい。おふたりのご冥福をお祈りします。
  • 自分がその場にいたら…と考える。そして「助けに入ったとしても入らなかったとしても、俺は両方とも人間として認める」と言った劇作家の山崎哲さんのことを思い出す。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: