ホーム

記事一覧

RSS

シャープ、家電で逆張り勝負 冷蔵庫・テレビ機種増へ


 シャープの戴正呉(たいせいご)社長は15日、国内で売るテレビや冷蔵庫といった家電製品の品ぞろえを、2017年度に大幅に増やす方針を明らかにした。利幅の薄い家電部門を縮小する他社があるなかで、あえて「逆張り」に出て、家電市場での存在感を上げようとしている。

 戴氏は堺市の本社で開いた退職者の会合にテレビ会議システムを使って参加し、方針を明らかにした。

 16年度と比べた品ぞろえを高画質の4Kテレビで45%、冷蔵庫で30%、掃除機で180%それぞれ増やし、20機種前後にするという。高機能品に加え、機能を絞って価格を抑えた製品も出す。法人向けは複合機で40%増、電子看板で20%増の35機種程度にする。

 戴氏はパナソニックやソニーとの比較で「シャープは幅広い家電を持つが、ラインアップが足りない。頑張りたい」などと語った。

<以下省略>

※引用元:

シャープ、家電で逆張り勝負 冷蔵庫・テレビ機種増へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4H4Q37K4HPLFA001.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 白物家電が重要な宣伝マンだとわかっているのは海外の人ばかり。営業が下手で銀行系コンサルの言うこと聞いて潰れて行く日本企業。台湾企業シャープ製が増えてくかな。
  • 台湾人は経営能力が高いわけではない。人件費が安いだけ。破綻会社の日本人の経営能力がない。人件費も高い。
  • 台湾人経営者なら黒字を達成できそうなのに、日本人経営者は?今の日本人に経営者向きの人材が少ないということか。
  • 逆に消費者をそむけ投資家の目ばかり気にし原子力ビジネスに邁進した東芝はどうなったのか? ワイは生活に身近な白物家電の大事さを痛感しとるよ
  • 利払いが多いので経常利益は99億円の予想か?400円台の株価は異常だな。150円が妥当だ。空売り出来ぬ。残念。
  • マッチーのころに選択と集中で無くなった事業がとても多い。石油ファンヒーターなんか業界最高に使いやすく進化の頂点だったのに、訴訟が心配で切り捨てやがった


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: