ホーム

記事一覧

RSS

<共謀罪>実質審議入り 首相、「テロ対策」前面に


 組織犯罪を計画段階で処罰可能にする「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午前、衆院法務委員会に安倍晋三首相が出席して実質審議入りした。首相は「東京五輪・パラリンピックの開催を3年後に控え、テロ対策は喫緊の課題。テロ等準備罪は、テロをはじめとする国内外の組織犯罪対策に高い効果を期待できる」と改正案の必要性を改めて強調した。政府・与党は今国会での成立を目指しているが、野党側は「監視社会につながる恐れがある」などと廃案を訴えている。【鈴木一生、平塚雄太】

 政府は、テロ等準備罪を各国で協力して組織犯罪を未然防止する「国際組織犯罪防止条約」の締結に必要な法整備と位置付けている。民進党の山尾志桜里氏が、第1次安倍政権で法整備をせずに締結しなかった理由を問うと、首相は「体調悪化もあった。締結できなかったのは残念。しっかりとした基盤の上で責任を果たしたい」と述べた。

<以下省略>

※引用元:

共謀罪:実質審議入り 首相、「テロ対策」前面に - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170419/k00/00e/010/238000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 共産党の藤野保史氏は「実行準備行為は外からは日常的な行為と変わらない」。共産党の日常行為は犯罪行為だと自ら認めたな。
  • テロ等準備罪を共謀罪と呼んで印象操作、野党は条件反射で全て反対しているように見えますが、対立が目的化した国会はうんざりですよ。もっと建設的に中身に切り込んでください。
  • ポスターを見ても平気で「TPP反対なんて言っていない」。戦争法案強行採決で「丁寧に説明していく」で説明ゼロ。今度は「一般の人は対象にならない」。
  • 何が共謀か色着けするの?四六時中見張らなくて分かるの?カメラ?GPS?尾行?傍受?見張り?拷問とか?戦前無実で死刑のケースも!
  • たとえば、消費税法、著作権法、地方税法、強制わいせつ、モーターボート競走法、森林法、スポーツ振興投票法…などのどこが「テロ」と関係あるのだろう?→
  • 審議はいらない。直接採決しろ、クソ。国民は自分に値する政権があるからほとんどの国民にとっては共謀罪は問題ないと言える。採決したらでかいデモする可能性はあまりないね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: