ホーム

記事一覧

RSS

衆院選 19都道府県、97選挙区の区割り見直し 「一票の格差」1・956倍に


 政府の衆院選挙区画定審議会(小早川光郎会長)は19日、選挙区定数を「0増6減」して一票の格差を是正する区割り改定案を安倍晋三首相に勧告した。19都道府県97選挙区の区割りを見直す。平成32年見込みの人口で最多となる東京22区と最少の鳥取1区の格差は1・999倍となり、今後3年にわたり最高裁が「違憲状態」とした26年衆院選の2・13倍を下回る見通しとなった。

 改定基準とした27年国勢調査の日本国民人口での最大格差は、最多の神奈川16区と最少の鳥取2区の間の1・956倍で現行の2・176倍から縮小した。

 安倍首相は「内閣として勧告を直ちに国会に報告し、勧告に基づき速やかに必要な法制上の措置を講じる」と述べた。

 区割りの見直し勧告は13年と、25年に続き3回目となる。前回25年の見直しでは、17都県42選挙区で区割りを変更したが、今回は小選挙区制が衆院に導入されて以降、最大規模の見直しとなった。

<以下省略>

※引用元:

【衆院区割り審】衆院選挙区「0増6減」を勧告 19都道府県、97選挙区見直し 32年、一票の格差1・999倍に

http://www.sankei.com/politics/news/170419/plt1704190038-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 都市部の議員が増えて都市部はより便利に。地方は議員が減ってより不便に。地方は不要って事なの?
  • この格差問題についていつも思う…都会へ集中して住んで票価値下げてるのにそれは知らん顔で田舎を切り捨てるのは少し違う気がする。
  • 1票の格差も重要な問題ですが、安に定数削減しても、一人の議員が抱える仕事量を考えると、これによって仕事が繁雑にならないかと心配だ。
  • 1票の格差も問題だが、そんなに議員を少なくしていって国民の声を反映してるといえるのか? 議員報酬等を激減させろよ。
  • 衆院選挙区の区割り、代議士各位にとり悲喜こもごもでしょう。私見だが、議員定数削減は、代議制の更なる貧弱化につながると思えてなりません。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: