ホーム

記事一覧

RSS

「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々


 大学の街・京都で、モーター大手・日本電産(京都市南区)の創業者、永守重信会長(72)による寄付金の行方に注目が集まっている。数十億円単位の私財を大学に次々と投じ、資金難にあえぐ大学を支援している。

 「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い」

 3月30日、京都学園大(右京区)で開いた記者会見後、永守氏が報道陣に語った。2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、100億円以上を私財でまかなう構想を発表したのだ。

 学部定員200人。半数ほどは留学生を想定する。大学院は100人。実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。経営大学院設置も視野に入れる。来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えるという。永守氏は「大学を作るのが夢だった。他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」。

<以下省略>

※引用元:

「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4B2SL7K4BPLZB002.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 尋常ではない努力で事業を成功させ、多くの人々を幸せにし、己の正しいと思うことを実行する。かくありたい。
  • 大金あってもあの世に持って行けないし、残しても家族のトラブルの原因になるから使い切った方がいいよね。教育に投資する事は、将来の日本の為にもなるしありがたいね。
  • 「現代の本田宗一郎、松下幸之助だと私は思っている」カンブリア宮殿で村上龍氏が永守氏をそう評していたが、納得のお言葉。
  • 当時なにしろ厳しい会社に入ると考えて結局佐川に入ったけど、やっぱりこの人は凄い。
  • この言葉を聞いてどれだけの政治家や役人が襟を正すかだね。国に納める気にさせる政治を。
  • こういう使い方ってアメリカというかキリスト教の価値観なんだけど(だから向こうは寄付税制がしっかりしてる)、何か影響あったのかな。
  • ドンドン金を出してもらって、「口」も出してもらえばいいんだよ。いい加減な使い方をしたらズバッと金も切ればいいんだから。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: