ホーム

記事一覧

RSS

日産スカイラインが「還暦」 販売は最盛期の40分の1


 1957年4月に発売されたセダン「スカイライン」が60周年を迎えたのを機に、日産自動車が歴代全13モデルを一堂に集め、20日に東京・六本木ヒルズで記念イベントを開いた。

 スカイラインは日産で最も長く販売している車種で、現在13代目。累計販売は300万台を超え、今も国内で20万台以上が走る。若いカップルが登場した「ケンとメリーのスカイライン」の広告にちなみ「ケンメリ」の愛称で親しまれた4代目が代表格だ。

 この日のイベントに参加した俳優の浅野忠信さんは、箱形の外観から「ハコスカ」と呼ばれた3代目との思い出を披露した。「中学のころの友達の兄が免許を取り、乗せてくれたのがハコスカ。出会いを鮮明に覚えている」

 若い世代に支持されたスカイラインも、昨年の販売は約4千台と最盛期の40分の1。2015年度の日本自動車工業会の調査では、車を持たない若い世代の7割が「車に関心がない」と答えた。日産の星野朝子専務執行役員は「日本の若者の熱情を集めた車がスカイライン。いまの若い人たちにも楽しさが伝わるといい」と話した。

<以下省略>

※引用元:

日産スカイラインが「還暦」 販売は最盛期の40分の1:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4N41DLK4NULFA00T.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 若者は最低400万の車には乗れないしデザインがおっさ臭い。若年層に訴求できる要素が何一つない。車に興味ないのではなく買えないから興味を持たない。
  • 軽自動車が売れている理由が維持費の安さ。維持費だけでも給料が飛んでいく車を買う余裕は無いと思われる。
  • 昔はセダン至上主義みたいなもんがあったから売れてたけど、高級ミニバンとかも売れてる中でセダンのボリュームが減るのは当然だよね。
  • スカイラインは日産車じゃなくてプリンス自動車の車だもんね。合併で日産車になった訳だが、生粋の日産車じゃない車が日産車で一番長く販売って辺りが日産が落ち目になった理由の気がする。日産スカイラインが「還暦」
  • 単純に走り屋のニィちゃん達が減っただけなのでは? 元走り屋だったオッサン達はBMWに流れてるよね。
  • これだけ交通網が発達したら自家用車はいらんだろうな。何より金かかるし。
  • すっかりおじさんの車になっちゃったからなあ。これ乗るならまだ中古で昔の乗りたい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: