ホーム

記事一覧

RSS

減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人


 子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されている。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていない。子どもの自殺を防ぐために、社会や一人ひとりは何ができるのだろうか。

 警察庁の統計によると、2016年、320人の小中高校生が自殺で亡くなった。小学生12人、中学生93人、高校生215人。3分の2は男子だった。

 自殺者全体の数は、03年の3万4427人をピークに減少傾向で、16年は2万1897人。06年施行の自殺対策基本法に基づく、各自治体の相談窓口の整備などが背景にあるとされる。一方、小中高校生の自殺者はこの10年、年間300人前後で推移し、350人を超えた年もあった。厚生労働省によると15~19歳では自殺が死因の1位、10~14歳では2位だ。

 16年の小中高生の自殺の原因(複数の場合あり)を警察庁の統計でみると、「学業不振」など学校問題が36・3%で最も多く、「親子関係の不和」など家庭問題が23・4%、「うつ病」など健康問題が19・7%と多岐にわたる。学校問題のうち、いじめが原因とされたのは6件(全体の1・9%)だった。

 自殺予防に詳しい高橋祥友・筑波大教授(精神科医)は「子どもの自殺は、いじめや友人関係といった学校に関わる要因のほか、家庭や、精神疾患など複数の要因からリスクの高い状態となり、そのうえで何らかのことが引き金になって起きる。いじめは深刻な問題だが、いじめ予防だけでは不十分だ」と話す。

 日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みが十分とはいえない。どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計ではわからない。

 いじめが疑われるケースでは、いじめ防止対策推進法に基づき、真相解明と再発防止のための調査が学校や教育委員会に義務づけられている。だが、調査結果は十分共有されず、いじめを苦にした自殺は後を絶たない。いじめ以外のケースも文部科学省が学校や教育委員会に調査を求めているが、義務ではない。

 北日本の公立中学校の教師(60)によると、数年前に女子生徒が自殺未遂した際、教委が原因を問い合わせてきたが、いじめでないとわかると対応は学校と保護者任せになった。教師は「原因が何であろうと子どもの命が大切なことに違いはない。すべてを予防するべきだ」と感じたという。

 海外では、国の主導で子どもの自殺の背景を分析し、予防につなげる動きがある。英国では16年、国の委託を受けた研究チームが、心の問題があって自殺した10代のケースを分析。「54%に自傷行為の経験あり」「27%は亡くなる前1週間以内に自殺について周囲に話していた」などの分析を踏まえた予防策を5月に発表する。米国では事故や虐待、自殺などによる子どもの死亡事例の検証を予防につなげる制度が根付く。

<以下省略>

※引用元:

減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4P04M6K4NUUPI007.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 子ども達が1日の大半を過ごす学校という組織がどんな風に子どもをスポイルしているのか、周りの大人達は考える必要があるのでは? たぶん不登校の子の話は参考になると思うよ。
  • 絶望の材料がどんどん増えているから…感受性の強い人ほど、影響を受ける。 大人がよってたかって作った世界の結果です。
  • モンスターマザー:福田ますみ著を読んでる最中でタイムリーな話題。離婚後も両親と会えて少しでも逃げ道があったら、児相が機能してたら防げたんじゃないかと思わずにはいられない
  • 子供だけじゃなく自殺や引きこもる人が多いのは分かる。自分の主義主張ばかりするオヤジ。他の人の迷惑を考えない親。
  • 辛い。自我を確立する時期だけど、分人的に複数化して捉えてほしい。苦しい分人以外の分人に目を向け、そこを足場にしてほしい。
  • 戦前や昭和30年代の自殺者数は今と比較にならないぐらい多い。 当事者にとってはこれ以上ない悲劇だが、神経質になる方が子どもを追い詰めると思う。
  • ・・)遊び感覚で犯罪とかイジメとかやってる連中だからな。 少年法廃止してキッチリ法整備して犯罪として裁けばいいんだよ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: