ホーム

記事一覧

RSS

「パチンコの余り玉を奨学金に」 協賛店が寄付呼びかけ


 パチンコやパチスロで勝ったとき、出玉を景品に換えた際に出る余り玉(端玉〈はだま〉)を学生のために寄付して――。業界の有志が、返済なしの教育支援金制度、通称「pp(パチンコ・パチスロ)奨学金」を始めた。今年度の奨学生は8人で、1人あたり月3万~5万円を支援する。2018年度の本格実施を目指す。

 店舗を経営する「サンキョー」(埼玉県川口市)や「マルハン」(京都市・東京都千代田区)など6社がつくるpp奨学金委員会が、昨年12月にパイロット事業として「募金」をスタートした。愛知県内で4店舗を経営する「フシミコーポレーション」の社長、深谷友尋・前日本遊技関連事業協会会長が委員長を務める。

 きっかけは、「社会貢献活動ができないか」と深谷さんとサンキョー社長の阿部恭久さんが話し合ったことだ。奨学金で大学卒業時に数百万円の「借金」を背負う若者が多いことに着目。難民や中国帰国者の子弟らの進学・就学を支援してきた社会福祉法人「さぽうと21」(東京都品川区)に協力を求めた。名前の「pp」には、ほんの少し(ピアニッシモ)の善意を、という意味を込めた。

<以下省略>

※引用元:

「パチンコの余り玉を奨学金に」 協賛店が寄付呼びかけ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4M00YCK4LUTIL05D.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 良い取り組み。そして意識のエッジ。 小説漫画ドラマCMで「俺みたいな大人になるんじゃねぇぞ」って端玉を放り込んで口笛拭きながら店を後にするオヤジの画が浮かぶ。
  • そんなことしなくて結構。 本人の意思で進学する為の手立て。 借りたものは返す、それで良い。 慈善活動なら地域のゴミ拾いでもして。 もしくは利益全て寄付しなよ。
  • はっきり言って、パチ屋に社会貢献活動は必要ない。 まずは顧客への還元が先。 その上で、パチ屋の幹部がポケットマネーで社会貢献活動するなら理解できる。
  • ☆ギャンブル依存症の要因のひとつのパチンコは、禁止して、他の消費が増える様にした方が良い、学生への支援は、社会福祉として、国がやるべきです。
  • 数万単位で負けて帰るほうが多い客に何故儲けている店側に端玉まで提供して店の評判上げなきゃいけないんだ馬鹿か?!
  • 奨学金を6年返し、やっと折り返し地点。出産、育児中は返済が本当に辛かった。2人目に前向きになれないのはこのせいもある。
  • ←マルハンは橋下徹氏と深い仲。安倍首相と仲が良いセガサミーは参加しているのか?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: