ホーム

記事一覧

RSS

民進・小西議員「国外亡命」発言 野田幹事長も苦言

 民進党の小西洋之参院議員(45)が自身のツイッターに、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が今国会で成立した際の対応として、「本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」と、つづっていたことが24日、分かった。

 投稿は19日付。同法案は、今国会最大の焦点で、民進党など野党は廃案を求めている。

 小西氏は「日本が変わるのは一瞬であることは歴史が証明している」とも記し、法案成立への危機感のあらわれであることも示唆。しかし、公人である国会議員が「国外亡命」という言葉を使うことには、批判が広がる可能性がある。

 同党の野田佳彦幹事長は24日の定例会見で、小西氏の「国外亡命」発言について問われ、「確かめないといけない」とした上で、「ちょっと表現が過激になりがちなので、全体としてこの問題を含めてよく指導したい」と述べ、指導する考えを示した。

<以下省略>

※引用元:

民進・小西議員「国外亡命」発言 野田幹事長も苦言 - 社会 : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1812828.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • それよりTPPの訳語が作れるとか言う頭悪い、関連分野法の対応用語知らない偽造医学部と外務総務の自慢だらけ女で、他人の手掛けてきたもの盗用女どうするの?
  • 参院平和安全法制特別委員会で行われた安保関連法案の採決に反対し、委員長席に詰め寄り、ダイビングして話題になった。
  • 自分たちがやってきたことが「共謀罪に該当する」、と認識しているだけマシ。他の野党どもは認識すらしていないからね。どうぞ、野党全員で韓国でも中国でも亡命してください。
  • 政治的迫害も宗教的迫害も何も受けてないんだから亡命ではない。 こんな議員は必要ないから好きにどこにでも移住するすればいい。
  • 「国外亡命覚悟ツイート」に苦言 こんな国会議員を誰が投票したのか。国会議員に不逮捕特権があるとはいえ、国会議員の資格・責務に照らして院外発言でも責任を持つべき。憲法悪用するな。
  • 小西氏は参院平和安全法制特別委員会で、委員長席に詰め寄り、ダイビングして話題になった どうやら怒られるようです。飛びかかりの時に、お灸をすえておくべきでした。
  • 民進党は政治家としての下積み、勉強期間も無く、ぽっと出で議員になったので全てに軽い軽い。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: