ホーム

記事一覧

RSS

鎌倉市がゴールデンウィークに江ノ電の住民優先乗車実験へ

 観光シーズンの週末や連休には、混雑で数時間以上の待ち時間が発生することもある江ノ島電鉄。沿線の住民や在勤・在学者が乗車しづらくなる問題を解消するため、鎌倉市は4月25日、住民優先乗車の社会実験の実施を発表した。

 社会実験が行われるのは、ゴールデンウィーク中の5月6日10時~16時。5月2日までの発行期間中に江ノ電鎌倉駅構内または鎌倉市役所で江ノ島電鉄沿線住民等証明書を申請すると、社会実験当日は、証明書の提示で鎌倉駅構外の乗車待ち列に並ばずに、駅構内の列の最後尾に行くことができる。

 江ノ島電鉄の発表では、4月30日には30分程度、5月3日~6日には30分以上の待ち時間が予想されるとしている。5月3日~5日の3日間は混雑緩和対策として、鎌倉駅~長谷駅間のバスでの振替輸送も実施される。

 鎌倉市の年間観光客数は、2015年が約2,293万人。観光スポットが集中する地域の交通渋滞緩和のため、周辺の駐車場に駐車して公共交通機関に乗り換える「パークアンドライド」を2001年から運用してきた。パークアンドライドでは、駐車料金と江ノ電などの交通機関の1日フリー切符、協賛寺社・店舗などのサービスをセットにしている。

※引用元:

鎌倉市がゴールデンウィークに江ノ電の住民優先乗車実験へ | THE PAGE 神奈川

https://thepage.jp/kanagawa/detail/20170425-00000012-wordleaf


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • この路線の終点に実家があるけど週末や連休の人出は凄くて帰省するのも大変。外出も嫌になるとの意見には完全同意。 最近は住宅街の袋小路にまで入り込んでくる観光客もいて閉口してる。
  • 日帰り観光地の鉄道がやたら混むようになり「だから行かない」という選択もするようになった。対策しないと、流行が去ったら客は減り住民も利用しなくなってたという最悪の状況もあり得る。
  • 昔から思ってたんだけど、もっと身近な問題として振替受託中に振替票でなく自社線の定期券、乗車券保有者を優先乗車、或いは入場規制対象外とかできなのかね。
  • 沿線住民には観光客とか邪魔以外の何物でもないらしいからな。代々住んでるならともかく、海側の鎌倉市とか住む場所じゃない。何もかも高いし。
  • 江ノ島界隈は道路事情も悪いから、江ノ島から茅ヶ崎まで水上バスを通してはどうか。茅ヶ崎からはバスで。圏央道も近いよ。
  • 最混雑区間が鎌倉~長谷だっけ?その区間だけ続行運転出来ないかね…。藤沢行きを5番発にしてその直後に3番線から長谷行き出して。
  • PAGE) 平成のアタマ位まではただの地方鉄道だったのになあ。今やどっかのアトラクション扱い。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: