ホーム

記事一覧

RSS

特別支援学校、3400教室不足 在籍者が急増


 障害が比較的重い子どもが通う「特別支援学校」で深刻な教室不足が続き、2016年10月現在、3430教室が足りないことが文部科学省の調べでわかった。特別支援学校の在籍者が近年急増し、教室数が追いついていない。同省は教育に支障が出るおそれがあるとして、教育委員会に補助金の活用などによる教室不足の解消を求めている。

 特別支援学校小、中学部の1学級は6人が上限で、重複障害の場合は3人。幼稚部から高等部までの在籍者は15年に13万8千人で、10年で1・36倍になった。特に知的障害のある子が増え、全体の9割を占める。比較的障害が軽い子が通う小中学校の特別支援学級の在籍者も15年に20万1千人で、10年で約2倍になった。

 背景には、障害の診断が普及したことがある。障害があると診断されると、支援が得やすい教育を望む保護者が増えたとみられ、「特別支援教育への理解が深まった」(文科省担当者)との見方がある。

<以下省略>

※引用元:

特別支援学校、3400教室不足 在籍者が急増:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4X0QSNK4WUTIL07N.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 最近は発達障害の診断が簡素なものになりつつある。診断して直ぐに診断書の発行が可能なものも多い。但し、申請にはやはり初診から半年~1年半待たないとならない。
  • 身体障害や知的障害を別にすれば、発達障害は横並びや言葉の裏を読むような日本固有の風土が確実に増やしていると思う。親の育て方云々じゃなく、社会の方が不寛容になりつつある
  • ということは普通学級は空きが多いだろうか?いじめを避けるのはいいが、普通学級でいじめを防いだり、起きても生徒先生皆で解決できる学級づくりが必要な気がします。
  • 増加は診断や保護者の希望による見かけの増加ではなく、絶対数の増加なのは現場では常識。海外では数字が出ている。なんのために誤魔化すのか。政治的配慮なら犯罪だ。
  • 先ほどのヤフーの記事は、原文から肝心なところを切り捨てていることが分かった。インクルーシブ教育部分をマルッと落とすのは、まさにインクルーシブへの理解の不足を表している。
  • 発達障害者が増えたのは「高齢出産の為」ブコメに対して「診断例が増えたからだ」との反論が出てるが、果たして統計的に高齢出産の影響を排除できるのか?
  • 息子の学校(小学部~高等部)も新校舎が去年できたけど旧校舎は一部耐震工事中でプレハブ校舎で対応してる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: