ホーム

記事一覧

RSS

賃上げありきの人手不足解消に限界あり。国も企業もここが正念場

 人手不足が、堅調な企業業績の足かせになりかねない。厚生労働省によると2016年度平均の有効求人倍率は1・39倍と、バブル経済の90年度(1・43倍)以来26年ぶりの高水準。3月単月の同倍率(季節調整値)も1・45倍と、90年11月以来26年4カ月ぶりの高水準だった。人材を確保しようと賃上げが続けば、中小企業をはじめ企業の収益は圧迫される。政府が6月にも策定する新成長戦略でいかに労働生産性を引き上げるか試されている。

 有効求人倍率が高水準なのは、外需に支えられて緩やかな景気回復が続く中、生産年齢人口が減少しているためだ。人手不足の実態を業種別でみると、3月の新規求人数(原数値)の伸び率が高いのは運輸・郵便業(前年同月比12・2%増)、建設業(同11・7%増)、製造業(同11・0%増)、サービス業(同7・7%増)、医療・福祉(同6・8%増)などだった。

<以下省略>

※引用元:

賃上げありきの人手不足解消に限界あり。国も企業もここが正念場

http://newswitch.jp/p/8878


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 賃上げは負担だが、やらないと人が来ない。経営者が労働者を搾取しているといった単純な発想をよそに、やっとの思いで経営を続ける中小零細企業が割りを食う状況。
  • 企業収益から逆算する人件費には限度があり、外国人に労働力を求めて企業収益から人件費負担を軽くしないと会社も国も持続的な成長は有り得ない。
  • 賃金が上昇すれば、設備投資が効果的になり設備投資が増えて、間接的に時間当たりの労働生産性が上がるとも?
  • 雇用が増えるのは良いことだが、将来的になくなりそうな業界が人手不足なのかと思ってしまう。生産年齢の人達はそのあたりを冷静に見ているという可能性はないだろうか。
  • まるで賃上げはしているみたいな口調だが 。働き方改革や子育て支援、教育改革などを通じて生産性を向上させる必要がある 。
  • ちゃんと賃上げしてから物語れやドアホが。限界があるとしてもまだまだ先の話。最低でもバブル期以前の毎年給料が上昇している状態が当たり前にならないうちは賃上げが足らないわけで


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: