ホーム

記事一覧

RSS

銀行のおまとめローンが「抜け穴」に 借金再び可能


 銀行が無担保で多額のお金を貸すカードローンで、複数の借金を一本化する「おまとめローン」が、消費者金融への法規制の「抜け穴」になっている。消費者金融の借金は上限規制があるが、規制外の銀行の「おまとめ」に移せば、消費者金融から新たな借金ができる可能性があるからだ。多重債務を懸念する弁護士らは銀行への法規制を求めている。

 「複数のお借り入れを一つにまとめて返済を楽に!」。ある地方銀行のホームページには、「おまとめローン」のメリットをうたう宣伝文句が並ぶ。複数の借金をまとめると金利が下がり、返済日も集約できて管理しやすい、という。

 このローンが、消費者金融を規制する貸金業法の「抜け穴」になっている。

 同法で消費者金融は「年収の3分の1超」の貸し付けができない。例えば、消費者金融で年収の3分の1まで借りる。その後銀行のおまとめローンに借り換えると、消費者金融の借金はいったんなくなり、再び消費者金融から「3分の1」まで借りられる。銀行と消費者金融からの借金が積み上がりかねない。

<以下省略>

※引用元:

銀行のおまとめローンが「抜け穴」に 借金再び可能:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK523TJ8K52ULFA00J.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • これで首が回らなくなる多重債務者も自己責任なら、回収不能で焦げ付く消費者金融も自業自得です。両方とも取り潰してしまうのがいいでしょうね。闇金の規制は別途必要ですが。
  • 要は借り手側の問題だけど、明らかに返済能力の乏しい人にもその上限以上を貸すという貸し手側にも問題が・・・貸し手は今カネが余ってるからなぁ。
  • 多重債務を警戒と言うけど、じゃあ今すぐに金の必要な人間はどうしろというのですかね。きれい事で金の流れ締め上げるから、メルカリで現金が出てきたりするんじゃないの。
  • こんにちは。長野市北条町のアトラスホームです。自分の生活はしっかりと知識を付けて自分で守らければ。。。
  • 「おまとめローン」に借り換えをさせて、ゼロになった傘下の消費者ローンの貸出枠で貸し付ける。阿漕なやり方です。日銀も財務省もマイナス金利で目をつぶっている。
  • 総量規制や連帯保証人など撤廃して貸すのも借りるのも青天井、返済できなくなったら踏み倒しも簡単にできるようにすればいい。そうすりゃ貸す側も少しは考えるだろう。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: