ホーム

記事一覧

RSS

最新鋭ステルス戦闘機「F35B」 一般初公開 岩国基地


 米海兵隊は5日、岩国基地(山口県岩国市)で航空祭「フレンドシップデー」を開き、米海兵隊のF35B最新鋭ステルス戦闘機を一般に初公開した。

 岩国に10機配備されたF35の第一の特徴は、レーダーに探知されにくい「ステルス性」を持つこと。現代の戦闘機にとっての脅威は、レーダーで誘導や照準を行うミサイルや機関砲だが、ステルス機はこうした攻撃を無効とする。

 この特徴は戦闘機との戦闘でも有効で、敵戦闘機に見つかることなく遠方からミサイルを放って一方的に撃墜することが可能とされ、従来の戦闘機とは一線を画す高い性能を持つ。また敵対勢力の支配地域でも探知・反撃されることなく偵察や攻撃を行えるメリットがある。

 F35には空軍用のA型、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)が可能なB型、空母艦載用のC型があり、今回、岩国の米海兵隊基地に配備されたのはB型。垂直着陸にこだわるのは、海兵隊の性質によるものだ。

<以下省略>

※引用元:

最新鋭ステルス戦闘機「F35B」初公開 垂直離着陸にこだわる理由とは…

http://www.sankei.com/west/news/170505/wst1705050013-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 日本領土で米軍侵入の許可はない。軍としての正式任務ではなく相互不可侵の取り組みにも抵触します。速やかに帰国賞罰委員会の決定に従う。さもなくば日本国内法で処罰。
  • F35Bは短距離離陸・垂直着陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機で岩国に配備さる。航続距離が短い、最高速度が音速以下、搭載量の少なさいなどの問題をクリア。甲板改良で海自のかがに搭載できるのか。心神はパドル付、STOVL可なら将来搭載を。
  • 岩国に16機揃うのは夏頃?英国の新造艦「クイーン・エリザベス級航空母艦」も、STOVL機(F-35B)を前提に、発艦はスキージャンプ式、着艦にアレスティング・ワイヤー未使用!海兵隊は、近接航空支援と戦場航空阻止からSTOVL機が必須?
  • (山口組みたい)海兵隊は通称「殴り込み部隊」とも呼ばれ、敵前上陸作戦を行うのが任務の一つ。十分な長さの滑走路を確保できない最前線でも空から地上兵力を援護できるよう、STOVLの機種が要求された
  • 気になってちょっと調べてみたら、日本が導入を検討しているF35は、垂直離着陸ができないA型みたいじゃないか。B 型ならこないだ米艦船の警護に出たヘリ空母のいずもに積めるのに。
  • 米軍の配備と言ういう用語は駐留米軍を前提とする用語で今回は国防総省の売り込み販売活動としてのデモンストレーションで、米軍基地は安保解消で全て返還されている。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: