ホーム

記事一覧

RSS

土地開発公社の処理に公金6千億円超 塩漬けで借金膨張


 自治体に代わって事業用地などを買い集める全国の「土地開発公社」が抱える借金の処理に、特別に認められた地方債(ローン)で6千億円超の公金が投入されることが分かった。土地が事業に使われないまま、水面下で借金の利子が膨張。生じた多額の損失のツケが、後の世代に回されたかたちだ。

 土地開発公社は自治体の債務保証・損失補償をバックに金融機関から金を借りて公共用地を取得する外郭団体。自治体が借金をして土地を買うよりも手続きが進めやすく、1972年の法律制定後からバブル期にかけて盛んに利用された。

 だがバブル崩壊後、こうした外郭団体の事業は各地で行き詰まる。国は2009~16年度に限り、第三セクター等改革推進債(三セク債)で清算などの処理をすることを認めた。

 朝日新聞が総務省の内部資料をもとに各自治体にアンケートや電話などで取材したところ、三セク債で土地開発公社の借金を肩代わりして解散や一部清算させた県や市町村が133あった。起債の総額は約6100億円。返済は10年以内が原則だが、岩手県北上市や埼玉県川口市、大阪府高石市など13自治体は30年で、より長期に影響が及ぶ。三セク債以外に、自治体の財源から支出したり、自治体が貸付金の回収を諦めたりした分も300億円以上あった。

<以下省略>

※引用元:

土地開発公社の処理に公金6千億円超 塩漬けで借金膨張:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4M2JJ5K4MUTIL001.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 事実上その価値がなくても、帳簿上で価値があると見なせれば損失無しと装える。事実上の価格が表面化すれば価値が暴落する可能性、日本のあちこちに潜んでいるのだろうな…。
  • 税金はまともに使われておりません。本当に無駄遣いだらけ。無駄な人件費も沢山。増税するより先に無駄遣い削減なのに、やろうとする政治家や公務員は皆無。
  • 公益法人も上場企業並みの時価会計と監査による評価がが必要だ。 できることなら、役所は何もしないのが最善だが、せめて民間並み!
  • 積算という概念がいかに非現実的か分かる。留意点はあるがDCF評価をまずは基準にすべき。
  • これは前からある話だと思うけど,このタイミングで「わかった」の文脈はなんだろう…。なんかまた制度変わった(変わる)のかな。/
  • 何も使い道がないの?世間では保育所の場所確保に自治体が苦戦してるのに。有料の駐車場にもならない...


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: