ホーム

記事一覧

RSS

愛媛の親子死傷事件、任意聴取した女が自殺


 愛媛県今治市の市営住宅で高齢の母子が切りつけられ、母親が死亡、長男が重傷を負った事件で、愛媛県警が任意で事情聴取していた近くに住む女が自殺した。捜査関係者が明らかにした。4日から事情聴取を進めていたが、5日に自殺したという。

 県警によると、事件は3日午前9時ごろ、今治市室屋町7丁目の市営住宅1階の無職岡本久行さん(70)方で発生。突然部屋に侵入してきた小柄な女に、母親の無職岡本ユキヱさん(92)が胸を刺され、久行さんが背中を刺された。

 久行さんはいったん外に逃げて通行人らに助けを求め、110番通報を依頼。その前後に女は逃げた。2人は病院に運ばれたが、ユキヱさんは約8時間後に出血性ショックで死亡。胸の傷は肺を貫通していた。久行さんも重傷を負った。

 県警は、逃げた女について、久行さんが「見知らぬ女だった」「小柄だった」などと話したことから、事件があった前後の目撃情報を集めるとともに、付近の防犯カメラの映像を分析。この結果、現場から約600メートル南側のマンションに住む女が浮上したという。県警は4日、自宅を家宅捜索して自宅から持ち物などを押収。任意で事情聴取を始めた。

<以下省略>

※引用元:

愛媛の親子死傷事件、任意聴取した女が自殺:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5546H8K55PFIB008.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 散々自白強要や決めつけて叩き割りなど違法な取り調べしてたからな。堪えたんだろうか。あとは死人に口無しで、犯人として処理して終わり。
  • 一挙に攻め落とす確証を固める前に呼び出しちゃったから。これ、もし被疑者死亡送検まで持ち込めなければ2件とも迷宮入りの上、警察が参考人遺族から訴訟おこされちゃうよ。
  • もしも、この人が人格障害だったとしたら、警察の対応が間違っていたという事になるんだけどね。警察の焦りがこういう事態を招いたという批判が出ても仕方がないと思う。
  • 死んで当然だとは思っていたが、まさか自殺で終わるとは。法の裁きの下で極刑に処 せられるのがベストだが、執行の現状でいつそこに辿り付くのか問題。
  • 事件直後、目撃証言で50~70代の女性が捜査線上に上がってた。結果30代後半の女が事情聴取を受け40前後の女として発表された。要は老けてたのか。今時30代を中年と言うなよ
  • 一回目の任意聴取と家宅捜査で逮捕状取れるだけの証拠があがらなかったからとりあえず家に帰したら死なれたのか❗️やり切れんな被害者は。真相は闇の彼方へ(
  • 警察はなにをやっとんの?自殺できるような隙を与えてどうする。被疑者死亡のまま書類送検か。また。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: