ホーム

記事一覧

RSS

赤ちゃんポスト10年の現実 120人以上の命救う


 親が育てられない子どもを匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)が、熊本市の慈恵病院に開設されてまもなく10年になる。預けられたのは120人以上。子どもにとって最善の選択なのかという懸念も抱えつつ、望まない妊娠で孤立する母親たちが絶えないという現実を映している。

 2007年5月10日に始まった「ゆりかご」は、預けられると看護師がすぐに駆け付け、子どもを保護する。病院は「命を救う最後の手段」と位置づけ、「まずは相談を」と呼びかけてきた。それでも当初から「安易な遺棄が増える」「子が親を知る権利を奪う」などの批判があった。

 運用状況を検証する熊本市の専門部会によると、08年度に最多の25人が預けられたが、11年度以降は10人前後で推移した。16年3月末までに預けられた125人のうち、親との接触などで判明した預け入れの理由は「生活困窮」「未婚」が上位を占めた。想定していたのは新生児だが、乳児や幼児もいた。障害のある子が少なくとも11人いた。医療機関にかからず、自宅や車中出産で生まれた子は57人。親の居住地は、熊本以外の九州が最も多く30件で、全国に散らばる。

<以下省略>

※引用元:

赤ちゃんポスト10年の現実 120人以上の命救う:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK4X7JYBK4XTIPE04F.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 里親が夫婦限定でないといけないという、昭和的で閉鎖的な制度の為に、多くの独身の母親父親志願者が子供を引き取れない事態に陥っている。この旧態依然の制度をいい加減改正するべきだと思う。 “赤ちゃんポスト10年、現実映す 120人…”
  • 私はこの施設にはあまり肯定的にはなれない。 でも「子供を作る、育てるというのに安易に考え過ぎる」と一刀両断するのも否定的。 むしろ「子供ひとり育てるにも困窮する社会」の方が問題。
  • 民主政権の闇 安倍総理この問題も早急に対策お願いします。 これで出生率低下なんて報道するマスコミもおかしい 若い日本人が安心して子育てができる法整備と環境を!!!!!
  • 120人以上の命救う】:これこそまさに『120人以上』の赤ちゃんが虐待や死から救われたということだ。それぞれ理由があってのことだろうから親を責めても仕方ない。責められるべきはこれが設置された時に『あってはならない』なんて言ってたバカ大臣だろう。感謝!
  • とにかく、人間の質が悪い。 なぜそんな状況になってしまうのか。 人間として以前に動物としても未熟。 殺人遺棄や心中する奴はそれ以下。
  • Yahoo! 救命は良いのですが・・数の多さは看過出来ません。確かに本当に止む得ないならば兎も角。安直の人も居るかも?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: