ホーム

記事一覧

RSS

サ高住の事故、1年半で3千件超 半数以上、個室で発生


 安否確認が義務づけられたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で、2015年1月から1年半の間に、死亡や骨折など少なくとも3千件以上の事故が報告されたことがわかった。制度上は民間の賃貸住宅に近いが、要介護者が入居者の大半を占める例も多く、国土交通省が改善に乗り出す。

 サ高住をめぐっては、15年夏に大阪市のサ高住であった「孤独死」をきっかけに、国交省と厚生労働省が自治体にサ高住への指導徹底を求めていた。

 朝日新聞は昨秋、全国約21万戸のサ高住を監督する都道府県と政令指定都市、中核市の計114自治体に情報公開を請求。97自治体が事故報告書、すべての自治体が運営報告書を今年2月までに開示した。事故報告書によると、15年1月~16年8月末の事故は計3362件で、最多は骨折(1337件)だった。病死を除く死亡は147件。

<以下省略>

※引用元:

サ高住の事故、1年半で3千件超 半数以上、個室で発生:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5652PFK56OIPE00C.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 施設作れど、魂入らず。高齢者が多くなる。これに付け込んだ利益のみで参入するのではないか。特養などに実母を20年にわたり、預けた者として。どうしたら高齢者が安心して最後を迎えられる場所を。難しい。
  • 事業者が福祉の目的でやっている訳では無い以上、行政指導の意味はないだろう。 結局なんだかんだ補助金を出す羽目になり直接事業の方が安く上がる。
  • 現場は恐らく疲弊。団塊世代集中の都会ほど超高齢社会は危険が高い。個人の倫理観期待も限界か?
  • 特定施設のようなサ高住もあり、違いが不明。 。夜間は緊急通報システムがあれば、職員常駐は不要。
  • サービスを受ける歳になると、自立そのものができなるなるまで後わずかってことだ。わざわざプライバシーに高い金をかけても無駄だろ。/
  • この統計だって相当に怪しいよね。実際はもっと悲惨な状況だと思う。 さんざ働いてきて、年を取ったらポイ捨てされる日本は美しい国だろうか?
  • 雰囲気や費用の面から「老人ホームはちょっと…」という方も多いと思いますが、いつどうなるかわからないということもあるので、選択が難しいですよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: