ホーム

記事一覧

RSS

安倍首相、憲法改正の考え問われ「読売新聞をぜひ熟読して」と答弁、野党から批判


 さらに、安倍首相への批判は自民党内部からも起こっている。憲法審査会メンバーで自民党憲法改正推進本部長代行である船田元衆院議員は、8日に自身のメールマガジンで安倍首相の"独断行為"について、〈内容以上に厳しいのは、この時期に総理が踏み込んだ改憲発言をしたこと自体だ〉〈深く改憲議論に関わってきた我々としては、第一義的には憲法制定権力を有する、国民を代表する国会が発議すべきものというのが常識だ〉〈行政の長たる総理大臣には、もう少し慎重であっていただきたかったというのが本音である〉と非難。〈この発言は国会での議論の行く末や期間を、行政の長が規定することにつながりかね〉ないと、安倍首相に苦言を呈している。

 船田議員は〈国会の3分の2の勢力だけでどんどん進められるものではな〉いと述べるが、こんなことは民主主義に則った手続きを考えれば当たり前の指摘だ。だが、こうした当然の批判をかわすために、安倍首相の側近である萩生田光一官房副長官は7日に出演した『新報道2001』(フジテレビ)で、安倍首相の新憲法施行発言を「憲法審査会がなかなか動かないなかで一石を投じたというのが正直なところ」と責任転嫁。「あくまでも自民党総裁としての個人的提案」などと言い出した。

<以下省略>

※引用元:

安倍首相が国会質疑で「俺の改憲の考え方を知りたいなら読売のインタビュー読め」エスカレートする憲法違反と傲慢

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0509/ltr_170509_7073659291.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 国会を蔑ろにして、自分の意見を無批判に載せてくれる新聞を読めと。自分の言葉で説明できる知性と能力、説明しようとする誠実さがない。責任放棄。首相失格。
  • この発言もヒドイが終始言葉遊びで意味不明。誤魔化しばかり。国民をバカにすんな!怒りは限界頂点だ!
  • 国会で自らの意見を主張できないなら、政治家を辞めて政治評論家にでもなるべき。
  • 第二次安倍政権発足後、日本から「モラル」という概念が急速に失われているように思えるのはワタシだけ?
  • 記事のリンクからツイートしたら「技術的な問題が発生」のエラー。こちらからなら投稿できるかな。
  • 議論から逃げたな。安保法制や共謀罪のような詭弁を弄せず、学者も交えてきちんとした議論を望む。
  • 今や傍若無人に舞上がる馬鹿リで、益々「北」の将軍サマ化するバカりの安倍晋三首相ことJap.将軍サマ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: