ホーム

記事一覧

RSS

<民進>11日の憲法審査会に応じず 首相答弁などに反発


 民進党は9日、衆院憲法審査会の11日の開催に応じない方針を固めた。2020年の改正憲法施行を目指すとした安倍晋三首相の発言などに反発したためだ。憲法審の武正公一野党筆頭幹事(民進)が9日、中谷元与党筆頭幹事(自民)に見送りの意向を伝えた。

 武正氏は中谷氏に「こういう状況での開催は難しい」と伝えた。11日は憲法審の幹事懇談会で首相発言の総括を行うにとどめることを提案し、中谷氏は持ち帰った。与党は事態沈静化のため見送りを容認するとみられる。11日は「国と地方のあり方」に関する自由討議の予定だった。当初は4月13日の予定だったテーマだが、さらに遅れる。

 首相は3日に憲法第9条改正や、20年の改正憲法施行を目指すと表明。野党は憲法審で重ねた議論を無視していると反発した。さらに、首相は8日の衆院予算委員会で「党総裁としての考え方は(自身がインタビューを受けた)読売新聞を熟読していただきたい」と答弁。民進党の蓮舫代表は9日の参院予算委で「立法府軽視で到底容認できない。説明放棄だ」と発言撤回を要求した。しかし首相は「インタビューは総裁として答えた」と応じず、逆に「民進党にも、具体的な提案を憲法審査会に提出して建設的な議論をしてほしい」と挑発した。

<以下省略>

※引用元:

民進:11日の憲法審査会に応じず 首相答弁などに反発 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170510/k00/00m/010/136000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 審議して意見を言って初めて政党の考えを理解されて共感を得るんでしょうが!拒否したら考えなんて何もわからんからそら誰も支持せんわな!
  • 「2020年憲法改正施行計画」は、早くも赤信号。 多人多脚走の最中、一人が強引にスピードアップしたらどうなるか、誰でも想像がつくのに。 これで、参院も動かない。
  • は審議拒否なのだからこの間にドンドンと前に進めちゃいましょう。少数意見を述べる機会を手放したのだから。
  • はいはい。自民党の支持率アップに貢献してくれてありがと~♪民進党の支持者はどんな気持ちなんや?
  • 憲法審査会は国政運営や政局に関わらず開催すべきと考えるが、これを見送る事自体、常軌を逸している!
  • 反日勢力にぬるい安倍政権にはがっかりだが、国会をアジテーション広場と勘違いしてる野党四党は非合法化を!
  • 普通に考えれば総理の発言と憲法審査会を開くことはなんの関係も無い。 無意味につなげてサボる理由にする。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: