ホーム

記事一覧

RSS

ドコモ販売店に定休日 8割2000店で負担軽減、営業時間も短縮


 NTTドコモの販売店「ドコモショップ」の8割に当たる約2000店が、9月末までに定休日を設定する見通しになったことが9日、分かった。約280店で営業時間の短縮にも踏み切る。いずれも今年度から導入する働き方改革の一環。商材や料金プランの多様化などで重くなってきたスタッフの負担を軽減する狙いがあり、職場環境を改善して顧客満足度の向上につなげたい考えだ。

 全国に約2400店あるドコモショップのほとんどは独立経営の代理店だが、ドコモ本社の働きかけを受け、4月以降、定休日の設定に動き出した。今月時点で約1200店が、主に平日に定休日を設定。営業日を合わせる必要があるショッピングセンター内の店舗などは例外となる。スタッフにとっては、休日の予定をあらかじめ立てやすくなるなどのメリットがあるという。同じ商圏で複数の販売店の定休日が重ならないように調整して決める。

<以下省略>

※引用元:

ドコモ販売店に定休日 8割2000店で負担軽減、営業時間も短縮 (1/2)

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1705/10/news062.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 元カウンセラーとしては、未納者の料金収納が一番辛かった。外車横付けで開店待ち、逆ギレして文句言う奴らばっかり。強制解約の仕組みを強化してくれ…。
  • メニュー体系をわかりやすくし、かつ余計な製品やサービスの押し売り説明をやめれば、もっと回転率が良くなって、負担も軽くなると思います。
  • 定休日をもっと増やしていただいて現場スタッフの労働環境が良くなるといいな、と思うと同時に、あらゆる手続きを有人対応不要のセルフオーダできるようにしてください。
  • >現場からは「定休日のイベント開催などでスタッフの団結が深められる。 はいうんこ決定(笑) 体のよいタダ働き強要ですが、その意図を隠そうとすらしないとは。
  • いい傾向だと思う。というか年末年始以外年中無休って常態にもはや日本人が疲れてきている。サービス業は限界にきてる。
  • 料金体系を簡素化する。 これで、負担は相当減る。 人員も削れる。 威圧的・高圧的な従業員は解雇...
  • 労働人口減少が、ひたひたと・・ それより、携帯買うとき時間かかりすぎ。料金も無理に判りにくくしてるし。 そのうち、アマゾンで販売し始めて、店舗必要なくなるだろうな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: